EC通販企業で一番使われている
CRM/MAツール
リピーターを増やしLTVを向上させるCRMツール
導入企業 600 社突破
combi Calbee nishikawa KEYCOFFEE U CAN nissen 協同乳業株式会社 サン・クロレラ

うちでのこづちとは?

顧客1人1人の見える化で
パフォーマンスを

うちでのこづちはEC事業者を始めとるする600社以上に導入頂いているEC特化型のCRMツールです。EC事業者にとって必要な機能を網羅的にカバーしているため、これ1つで完結します。顧客分析やLTV分析を始めとるする多くの分析ができるのも特徴です。EC事業者の分析をサポートし、共に事業の拡大を目指します。

こんな悩みありませんか?

複数のツールを使っており、時間がかかる
「うちでのこづち」は、EC事業者が必要な機能を網羅しているツールです。 そのため、分析のたびに複数のツールを使う必要はありません。
CVRが全然改善しない...
CVRの改善には、顧客1人1人の分析が必要です。「うちでのこづち」には、顧客の行動を分析するために必要な機能が搭載されています。
自社の課題やボトルネックが見えない
自社のボトルネックや課題が見える化できておらず、施策が決まらないというケースも多くあります。「うちでのこづち」はそんな時でもお使い頂けるCRMツールです。
うちでのこづちで新しいCRM体験を

EC通販CRMで
劇的なパフォーマンス改善

LTV計測
CRM施策
効果検証
顧客分析
うちでのこづちをもっと知る

導入事例

               
株式会社Miyuki様
【社内・協力部署との共通指標の浸透とリピート率向上】
カラーコンタクトを販売している弊社では、 新規獲得と合わせリピート率も重要な指標としています。
購入履歴の追跡が不十分だったこともあり、 全社で共通の指標が定まっておらず、 リピート率改善においても単発的なアプローチのみ行っている状況でした。
うちでのこづちは、顧客の繋ぎこみがスムーズに行うことができ、 行動履歴の追いかけや分析、 メール等の配信機能が内包されていることから、導入決定に至りました。
今後は、蓄積された購買データから、顧客傾向を全社で把握し、 シナリオ構築の拡充により、リピート率125%UPを目指していきます。
               
株式会社アストリション様
【年間残存率・LTV向上】
月間の新規獲得数が好調に推移したタイミングでCRMツールの検討を始めました。 EC事業のほぼすべての業務を一人で回していることもあり、リソースをかけずに年間残存率を向上させる取り組みとして、うちでのこづちの導入を決定しました。
現在のCRM状況は、F2転換率の確認と、初回購入者へステップメールを数回行っている程度のため、 うちでのこづちを活用し、今まで可視化できていなかった継続状況を正しく把握し顧客へのフォローを拡充していこうと考えています。
               
株式会社プレミアムコスメ様
【継続状況やLTVを見える化したい】
PL上で残存率やLTVの目標を立てても媒体ごとに計画からずれるケースも多く、カートデータから継続率やLTVを図るのに限界がありうちでのこづちを導入しました。元々分析には月に4日も使っていたのですが、うちでのこづちを導入することで月1日まで削減することが出来ました。特にフロー離脱分析では自社の継続状況が瞬時にわかるので重宝しています。
株式会社ソーシャルテック様
【CRMリテラシー0からでもLTVが上げられた】
うちでのこづちの中で特に使っているのは各種分析になります。例えば広告施策の場合CPAが重要になると思うのですがCPA>LTVだと結論赤字になるので、どの媒体、どの入口商品からのユーザーのLTVが高いのかの分析を行い投資判断を行っています。また、カスタマーサクセスに相談するとCRMの話だけではなくLTV軸から集客まで提案いただいたり、効率的に売上を上げることが出来ました。
               
株式会社ビーボ様
【顧客に本気で向き合う為に】
通販事業を立ち上げた最初の頃から顧客育成に本気で向き合って来た当社ですが、ステップメールのシナリオ設計など何となく「そうだよね」って感覚値やってた部分をしっかり数字で可視化する仕組みがなかったのでうちでのこづちを導入しました。CRMの構築も一緒に行ってくれるのもうちでのこづちの特徴だと思っています。
導入事例一覧

さまざまなECカート/基幹システムとの自動連携に対応

日本国内のカート・基幹システムはほぼ網羅
独自開発システムも対応し海外システムも拡大中

利用までの流れ

メディア掲載

うちでのこづちをもっと知る