B to B(消耗品販売

商品ごとの転換率を把握して、企業ごとにセグメントしたメールを配信したい

課題

商品ごとの転換率がわからなかった

セグメントができていなかった

改善のポイント

各商品の転換率を購入回数ごとに把握する

各商品のクロス利用を促進する

うちでこづちでの施策

商品転換率分析画面より各商品の転換率を購入回数ごとに確認したところ、転換タイミングに沿った訴求ができていないことがわかりました。

DO

そこで、各商品の購入回数ごとにメールを自動化して配信し、各商品のクロス利用を促進しました。

CHECK

施策効果と顧客育成状況の結果を確認したところ、CVの伸び悩みが課題となりました。
転換日数分析をもとにタイミング訴求を検討しました。

ACTION

各商品ごとに沿ったタイミングでメールによるクロスセル施策を実施しました。

結果

メール施策によるCVが前月の約1.5倍に成長しました

この課題を解決した機能のご紹介

転換率分析 – クロスセル分析

転換率分析・クロスセル分析

転換率が高い商品を把握でき、特定の商品もしくはカテゴリでの詳細な分析をすることができます。顧客のアップセルやクロスセルの促進が可能になります。

? 商品購入者が次回購入の際にどの商品を買うのかという傾向値を把握することで、ユーザーニーズに沿ったクロスセルに効果を発揮します。

転換日数分析 – アプローチタイミング分析

転換日数分析・アプローチタイミング分析

顧客の購買周期を把握することができ、リピート促進を可能にします。そのほかクロスセルやアップセルにおいても一つの軸として施策設計が可能になります。

・商品ごとの購買周期を把握することができるので、各商品ごとに顧客とのコミュニケーションを図るためのタイミングを知ることができます。

・商品購入者が次回購入の際にどの商品を買うのかという傾向値を把握することで、ユーザーニーズに沿ったクロスセルに効果を発揮します。

LTV・リピート売上最大化ならお気軽にご相談下さい