RFM分析 - ステータス分析

RFM分析・ステータス分析

顧客の購買行動を「最終購買日(Recency)」「購買頻度(Frequency)」「累計購買金額(Monetary)」の3つの指標から分類し、顧客の選別と格付けを行うことが可能になります。

▶ 顧客それぞれに合ったキメの細かい販促、VIP顧客とそうでない顧客の住み分けができます。また、ショップでの購入頻度がわかるので継続的な顧客分析として活用いただけます。

CPM分析 - 顧客育成分析

CPM・顧客育成分析

自社の方針に合った「お客様との絆づくり」を考慮し、RFM分析では切り捨てがちになる顧客層を重視した、LTVを高める長期的な顧客育成を実現できます。

▶ 顧客の育成状況を把握することで、重点的に改善施策を行うべき顧客層を特定することができます。

離脱率分析 - フローチャート分析

離脱率分析・フローチャート分析

購入のフローをチャート式に表示することで、継続率・離脱率を可視化します。フローチャートにすることで購入の全体の流れが把握できるため、CRMプロセスの生産性が高まります。

▶ 購入フローが一目で把握できるので、自社の課題を浮き彫りにすることができます。また、どこから改善に着手していけばいいのか視覚的にわかるので施策設計にも効果を発揮します。

転換率分析 - クロスセル分析

転換率分析・クロスセル分析

転換率が高い商品を把握でき、特定の商品もしくはカテゴリでの詳細な分析をすることができます。顧客のアップセルやクロスセルの促進が可能になります。

▶ 商品購入者が次回購入の際にどの商品を買うのかという傾向値を把握することで、ユーザーニーズに沿ったクロスセルに効果を発揮します。

併売分析 - バスケット分析

併売分析・バスケット分析

関連性の高い商品を発見することにより、同時購入頻度の高い商品との相乗効果を狙った販促や棚割(サイト構築)へ活用することができます。

▶ 同時購入の傾向値を把握することができるので、商品のレコメンデーションに活用できます。

転換日数分析 - アプローチタイミング分析

転換日数分析・アプローチタイミング分析

顧客の購買周期を把握することができ、リピート促進を可能にします。そのほかクロスセルやアップセルにおいても一つの軸として施策設計が可能になります。

▶ 商品ごとの購買周期を把握することができるので、各商品ごとに顧客とのコミュニケーションを図るためのタイミングを知ることができます。

入口商品分析 - エントランス分析

入口商品分析・エントランス分析

初回に購入された商品ごとにその後の顧客売上や、LTV、購入継続回数などを把握することができます。 例えば、初回媒体(広告)などでどの商品を訴求すると売上最大化を実現できるのかを把握することができます。

▶ 顧客LTVを高める入口の商品を知ることで、広告費の削減や顧客LTVの最大化を図ることができます。

自由分析 - フリー分析

自由分析・フリー分析

自社独自の指標を分析として追加することによって、既存の分析枠に当てはまらない顧客分析やKPIを自由に設定することができます。

▶ 自社独自の分析指標を設定し、PDCAを実現できます。

主要ダッシュボード - KPI分析

主要ダッシュボード・KPI分析

複数KPIをリアルタイムに閲覧できます。また、ダッシュボートとして取りまとめることができます。

▶ 1つの画面で主要KPIの管理閲覧が可能なため。迅速な意思決定に役立ちます。

LTV・リピート売上最大化ならお気軽にご相談下さい