ダッシュボード機能

ダッシュボード機能

定期的に確認したい分析結果をダッシュボードに登録することで、設定した分析条件を元に最新の分析結果をダッシュボード上に表示することが可能になります。

Point

  • 各種KPI管理など敵的に確認したい指標を一目で確認
  • ダッシュボードから詳細分析ページへ遷移可能
  • 登録を一度行うだけで、どなたでも同じ指標を算出可能
施策オートメーション

施策オートメーション

EC特有の“商品〇回目購入”“定期解約〇日”“最終購入〇日”などのトリガーを起点とし、様々なチャネルでシナリオを作成し
自動で顧客をフォローアップする機能です。

Point

  • “メール”“LINE”“SMS”“DM”“OB”まで複合したシナリオ構築&管理
  • 顧客アクションに応じたシナリオ分岐
  • LTVを基準としたAIによる自動ABテスト
LTV分析

LTV分析

EC通販において最も重要な“LTV”を様々な角度で分析する機能。
“期間”“顧客”“商品”“商品カテゴリー”“広告”“販促”などを組み合わせて分析することにより、LTVの高い顧客の条件を可視化することが可能になります。

Point

  • CPA/CPOベースではなく、LTVベースでの広告効果測定
  • CRM販促効果をLTVで可視化
  • 60日・180日・360日LTVなどの計測期間を一定にした分析
LINE配信

LINE配信

テストテストテストテストテストテストテストテスト
テストテストテストテストテストテストテストテスト
テストテストテストテスト

Point

テストテストテストテストテストテストテストテスト

テストテストテストテストテストテストテストテスト

テストテストテストテスト

転換日数分析

転換日数分析

顧客が購入後、どのくらいの経過日数で転換(購入)する傾向にあるのか把握する分析機能です。
転換タイミングを把握することで、効果的なクロージングタイミングの特定や、顧客の消費期間の特定につながります。

Point

  • F1→F2の最もCVしやすいタイミングを特定する
  • 消費期間より、商品余り・利用促進のボトルネックの把握
  • 80%の顧客がCVする日数を把握し、シナリオタイミングを決定
定期推移表

定期推移表

月毎に流入した定期顧客の顧客数と購入回数毎の残存数・総売上一目で可視化する機能
流入広告を限定した継続状況や、商材を限定し分析を行うことも可能になります。

Point

  • 定期商材毎の継続状況をワンクリックで可視化
  • オファー変更&LP変更&CRM施策変更などでの継続状況を可視化
  • 広告毎の継続状況を確認し、素早い広告効果判断が可能
商品転換率分析

商品転換率分析

特定商材から、他商材へのクロスセル・アップセル割合を測る機能。SKUの多い総合ECで特に活用されており、優良顧客がクロスセルしやすい商材の特定や、利益率の高い商材へのクロスセル率を可視化することが可能です。

Point

  • ギフト商材から日常使いの商材へのクロスセル率の可視化
  • LTV上位20%の顧客のクロスセル商材とタイミングの特定
  • カテゴリー毎の集計によりSKUの多い場合でも購買傾向を特定

“うちでのこづち”ではじまる
新たな顧客接点

トップへ戻るボタン画像