食品・雑貨業界(カラコン通販

広告効果を把握して最適化したい

課題

CPA/CPOの広告運用に頼り、広告媒体ごとの収益を可視化できていない状態だった

改善のポイント

CPA / CPOではなく、広告媒体ごとの収益性(LTV)による媒体効果を把握する

うちでこづちでの施策

広告LTV分析を行い広告媒体ごとのLTV(売上-コスト)を見てみます。

LTV効率の低い媒体の予算を収益性の高い広告に寄せて広告効果を最適化しました。
うちでのこづちではGoogleAnalytics / アドエビス /ウェブアンテナなどの効果測定ツールとの自動連携が可能です。

結果

広告媒体別、経路別のLTVを一目で把握、継続的に広告配分の最適化が可能になりました。

この課題を解決した機能のご紹介

LTV計測

LTV分析

商品・施策・広告毎のLTVを期間で区切って把握することで、よりリアルタイムでの費用対効果の計測が可能になります。

▶ どの商品・施策・広告がより多くの売上を上げているかを特定することで、それぞれの投資対効果の検証が可能になります。投資効率の向上を実現します。LTVでの設計により時間軸に左右されるCPA・CPOにはない計測が可能になります。

LTV・リピート売上最大化ならお気軽にご相談下さい