健康食品(サプリメント)

顧客のLTVを高めるために、休眠予備軍を対象にリマインド施策を行いたい

課題

休眠予備軍となる顧客を見分けることができなかったため対策がとれず、LTVが低下していた

改善のポイント

クロスセルルートと転換タイミングを把握する

各商品ごとにに沿ったタイミングでクロスセル施策を実施する

うちでこづちでの施策

RFM分析画面から休眠にになりかけている顧客を確認したところ、顧客全体の約30%が休眠層になりかけている状態でした。

RFM分析から休眠層を把握
DO

休眠層に行ったアンケート調査から解約理由を確認すると、費用の高さが解約につながっていることが分かりました。
そこで、費用のボトルネックの対策としてワンコインキャンペーンを実施しました。

アンケート調査
CHECK

施策効果と共に顧客の推移状況を確認したところ、LTVの低さが新たな課題となりました。
転換率分析の結果をもとにキャンペーンと併せてクロスセルの同時訴求を検討しました。

施策効果の確認と併せて顧客の推移状況も確認
ACTION

金銭訴求であるワンコインキャンペーンと効果訴求のクロスセルを同時並行して行いました。

施策による購買者の平均LTVが約1.3倍に成長

結果

休眠への歯止めがかかり、顧客のの平均LTVが約1.3倍に成長しました

この課題を解決した機能のご紹介

RFM分析 – ステータス分析

RFM分析・ステータス分析

顧客の購買行動を「最終購買日(Recency)」「購買頻度(Frequency)」「累計購買金額(Monetary)」の3つの指標から分類し、顧客の選別と格付けを行うことが可能になります。

▶ 顧客それぞれに合ったキメの細かい販促、VIP顧客とそうでない顧客の住み分けができます。また、ショップでの購入頻度がわかるので継続的な顧客分析として活用いただけます。

転換率分析 – クロスセル分析

転換率分析・クロスセル分析

転換率が高い商品を把握でき、特定の商品もしくはカテゴリでの詳細な分析をすることができます。顧客のアップセルやクロスセルの促進が可能になります。

? 商品購入者が次回購入の際にどの商品を買うのかという傾向値を把握することで、ユーザーニーズに沿ったクロスセルに効果を発揮します。

LTV・リピート売上最大化ならお気軽にご相談下さい