健康補助食品

休眠顧客の復活率をアップしたい

課題

顧客ステータスごとの施策が出来ておらず、特に休眠顧客の復活率が低迷していた

改善のポイント

RFM分析で顧客のモチベーションを把握する。

特定顧客(休眠)のみへのセグメント施策を行う。

うちでこづちでの施策

顧客分析

RFM分析を行い休眠率が高いことを確認し、過去にオファー商品の購入履歴がある顧客を抽出しました。

価格を休眠用価格に設定し施策を検討しました。

CRMマーケティング

休眠顧客への復活キャンペーンを実施しました。

結果

特定顧客(休眠)のみへのセグメント施策で休眠復活率が12%となりました

この課題を解決した機能のご紹介

RFM分析 – ステータス分析

顧客の購買行動を「最終購買日(Recency)」「購買頻度(Frequency)」「累計購買金額(Monetary)」の3つの指標から分類し、顧客の選別と格付けを行うことが可能になります。

▶ 顧客それぞれに合ったキメの細かい販促、VIP顧客とそうでない顧客の住み分けができます。また、ショップでの購入頻度がわかるので継続的な顧客分析として活用いただけます。

メール施策

メール施策

分析を通して顧客セグメントを自由に行い、メール施策として活用していただけます。また、購買データを元に自由にシナリオを作成でき顧客のフォローの自動化を実現できます。

▶ 適切なセグメントにより、顧客のニーズにマッチした訴求が実現できます。

LTV・リピート売上最大化ならお気軽にご相談下さい