LINEを使ったCRMマーケティングとは?LINEセグメント配信は必須?

ECを運営されている事業者の方の中には、「もっと売上を上げたい」「リピーターを増やしたい」と考えている方も多くいらっしゃるかと思います。ECサイトにおいてリピーターの増加や売上増加を促すには、「顧客」をしっかりと分析し、分析結果に基づいた施策を打つのが1番の近道です。
その施策の中でも、最も効果の高いLINEセグメント配信をご紹介いたします。

LINEセグメント配信とは?

メールに変わり、メインのコミュニケーションツールとなった「LINE」ですが、企業からの発信も急激に加速しています。

企業はLINE公式アカウントを作成し、LINE公式アカウントに加入したユーザーに対して、LINEのセグメント配信を行なっています。

LINEセグメント配信とは、公式アカウントに加入したユーザーの中から条件に当てはまっているユーザーだけに、メッセージを送るという仕組みです。関係がないユーザーにメッセージを配信することがないので、メルマガなどよりも高い効果を期待することができます。

LINEセグメント配信の効果とは?

メール配信・同梱物やDM・コールセンターなどの施策を10年以上試行錯誤された大手通販事業者さまでの事例ですが、LINEセグメント配信を実施した結果、リピート率が1.2倍以上改善いたしました。

各種CRM施策を10年以上ABテストし続けた企業様のリピート率がここまで改善する施策は他にないと言っても過言ではありません。また、特別なコンテンツをリソースを割いて作成したわけではなく、シンプルにリピート誘導したい商品への誘導や、簡単なアンケートを実施した結果となります。

上記のように、LINEセグメント配信は高い効果を期待することが出来ます。これをCRMツールと組み合わせることでより高い効果を期待することが可能です。

効果が高いのに実施している事業者が少ない!?その理由を徹底解明

そこまで効果の高い施策にも関わらず、実は実施している企業が少ないのも実態です。

理由はシンプルで、
「やりたいのに、できない!」という理由が大半を占めます。

出来ない理由は大きく下記2点です。

①購買データや顧客情報と連動して、LINE配信をするシステムの準備が無い

特に大手EC事業者様に多く見受けられる事例です。LINEセグメント配信用に自社でシステム開発を行うと莫大な費用とリソースが掛かります。
 
また、他社のツールに乗り換えたくても、膨大なデータを他のシステムに乗り換えたり他のシステムとの連携を一から組みなおすことができないなどシステム絡みの課題で実施できない企業様が多く見受けられます。

②顧客情報にLINEユーザーIDを連携することができない

LINEセグメント配信を行うためには、どのお客様がどのIDなのかをデータ上で連携する必要があります。カートシステム等であれば、カート上の顧客IDを保持した状態でLINEの友達登録をしていただく必要があります。上記がハードルとなり、うまくLINEユーザーIDと顧客を紐づけることができなくなり実施できていないのが現状です。

LINEとCRMツールで高い効果を狙おう

多くの事業者が効果を見込めるのに、足踏みをしている状況です。これから、ECを立ち上げを予定している企業様・CRMを実施しようと思われている企業様はチャンスです。

まずは、LINEセグメント配信が実施できる環境を準備することができれば、後発参入でも他の通販企業様よりも高いリピート率を確保した状態で、EC通販事業をスタートできます。

弊社うちでのこづちでは、EC通販のLINEセグメント配信に最も特化したツールです。550社以上のEC通販事業者さまのステップメールの施策の知見から、ツールの開発を行ってきたからです。

弊社では、LINEセグメント配信の事例を数多く持った専任担当が貴社の商品やビジネスモデルを考慮し最適なプランニングの元、LINEセグメント配信をサポートいたします。

これを機に一度うちでのこづちを試してみてはいかがでしょうか。

 

 

通販CRMラボ監修 お役立ち資料無料ダウンロード!

通販CRMラボ監修お役立ち資料無料ダウンロード!

累計導入者数650社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。

“うちでのこづち”ではじまる
新たな顧客接点

トップへ戻るボタン画像