【新機能】LINE公式アカウントのステップ配信とは?機能や設定方法を解説

近年、マーケティングやプロモーションのためにLINEを活用している企業や店舗が多くなっています。LINEの一斉配信などにより、キャンペーンの告知などを多額の宣伝広告費をかけずに行うことができるのでとても便利なのではないでしょうか。

LINEを活用することで、これからさらに売上を伸ばしたいとお考えの方を対象にLINE配信の新機能である「ステップ配信」がLINE公式アカウントから2021年2月にリリースされました。

本記事では、このステップ配信についてご紹介すると共に、その機能やメリット、使用する際の注意点などについても解説します。本記事を参考にして、マーケティングやプロモーションでのLINE公式アカウント活用法を学んでみて下さい。

ステップ配信ってなに?


ステップ配信とはLINE公式アカウントを追加したユーザーに対して、ユーザーの行動をきっかけにして、あらかじめ用意しておいたメッセージを特定のタイミングで配信する機能です。

会員登録や購入などの設定した条件に当たる行動をしたユーザーに対して、あらかじめ準備しておいたメールをスケジュールに沿って配信するステップメールが、メールを用いたマーケティング手法の1つとして活用されています。

ステップ配信では友だち追加した経路や追加してからの日数、ユーザーの属性情報に応じたメッセージを適切に配信する設定をしておくことができます。

このようなユーザーの行動をきっかけにして、設定した条件に基づいて状況に応じた適切なコンテンツが配信される機能であるステップ配信をLINE公式アカウントでも使えるようになったということです。

LINE公式アカウントを使用したステップ配信とは


それでは、LINE公式アカウントで使えるようになったステップ配信の機能について詳しく見ていきましょう。

ステップ配信とはLINE公式アカウントにおける機能で、設定したタイミングに合わせてあらかじめ用意しておいたメッセージを自動配信する仕組みのことです。

各ユーザーの状況に応じて段階的にメッセージを送ることができるため、効率よく自社のサービスや商品について理解してもらうことができます。そのため、見込み顧客の育成に効果的であると共にLTVの向上を図ることが可能です。

ステップ配信を使用した場合の流れは以下のようになります。

友だちの追加をきっかけにして、最初にあいさつのメッセージがユーザーに送信されます。その後にステップ配信の機能を使って、設定されているタイミングで段階的にメッセージが配信されます。

まずは商品に関するお知らせのメッセージを配信。次にクーポンを配信。さらにアンケートを配信。

このように、友だちの追加を発端にして設定されているタイミングでユーザーに合わせて段階的にメッセージが配信されるため、運用の負担を増やすことなくマーケティングやプロモーションの活動に取り組むことが可能になります。

LINE公式アカウントのステップ配信ができること


ここまでLINE公式アカウントのステップ配信について解説しましたが「ステップ配信とステップメールの違いが良く分からない」、「機能としては同じではないのか?」などの疑問を持たれた方もおられるかもしれません。

たしかに、ステップ配信とステップメールはどちらも、あらかじめ設定されたタイミングで決められたメッセージをユーザーに自動で配信するという点については大きな違いはありません。

しかし、ステップメールと比較した場合にLINE公式アカウントのステップ配信の方が優れているポイントが3つあります。ここでは、その3つのポイントについて説明します。

開封率・返信率の向上が期待できる

LINE公式アカウントのステップ配信はステップメールと比較して、配信したメッセージの開封率・返信率が高い傾向があります。その理由として、LINEが多くの人々に日常的に利用されているメッセージングアプリであることが考えられます。

また、メッセージが届いた時にプッシュ通知も来るため、メッセージを見てもらえる可能性も高い点も1つの理由です。LINE独自のスタンプなどを用いることでデザイン性の高いメッセージを発信することができることも強みといえるでしょう。

配信したメッセージの開封率・返信率を高めることができれば、ユーザーを自社のWebサイトへ誘導できる可能性が高まります。商品やサービスに関するお知らせやクーポンなどをステップ配信をすれば、売上の向上につなげることができるということです。

やり取りの確認がしやすく配信業務が効率化できる

LINE自体が多くの人々に利用されているメッセージングアプリであることから、メッセージの開封率・返信率が高くなります。

そのため、配信したメッセージに対するユーザーの反応を見て改善していくことが可能です。タイミングに合わせて段階的にメッセージを配信していく際に、どのメッセージが反応が良かったのかだけではなく、ユーザーごとにどのようなメッセージに興味関心を示すのかなどを確認できるでしょう。

このような特徴により、マーケティングやプロモーションを効率的に実施することが可能といえます。

顧客との関係構築や購買意欲を高めることができる

ステップ配信で商品やサービスに関連するメッセージを繰り返し送ることで、顧客の来店や商品の購入を促すことができます。

ステップ配信経由で商品を購入した顧客に対して、購入された商品の状況についてや関連する商品のお知らせなどのメッセージをタイミングよく配信することで、フォローアップすると共にプロモーションも行うことができます。

それにより、顧客1人当たりのLTVを向上させることが可能です。

LINE公式アカウントのステップ配信を利用するメリット

LINEのステップ配信の概要について解説してきました。実際にLINEのステップ配信には次のようなメリットがあります。

  • 開封率と返信率が高い
  • 顧客と良好な関係を築きやすい
  • 自動配信が可能

LINE公式アカウントのステップ配信を効果的に使うためにもメリットをしっかり理解しておきましょう。

開封率と返信率が高い

ステップ配信によりメッセージ送信を自動化しても、内容を見てもらえなければ意味がありません。しかし、LINE公式アカウントのステップ配信は、以下の観点から開封率と返信率が高いと言えます。

  • 月間利用者数8,600万人でアクティブユーザーが多い
  • メルマガと比べ画像やスタンプなどリッチなメッセージを配信することが可能
  • 友だち追加を起点に、購買意欲が高いユーザーにアプローチすることが可能

顧客と良好な関係を築きやすい

2つ目は顧客と良好な関係を築きやすいことです。LINE公式アカウントでのステップ配信は、次のような特徴があります。

  • アクティブユーザーが多い
  • リッチな表現が可能
  • シナリオ分岐などの機能搭載でシナリオ設計が簡単

このように、より密なコミュニケーションが顧客としやすい特徴があるため、顧客と良好な関係を築きやすいと言えるでしょう。

自動配信が可能

3つ目は自動配信が可能なことです。複雑なシナリオを設計することができても工数も増加してしまっては、メリットとは言えません。

しかし、LINE公式アカウントでのステップ配信では特定の日にちに配信設定することが可能なだけでなく、友だち追加から何日後にクーポンを配信するといった対応も可能です。

このように、細かなシナリオでも自動配信ができる点がメリットと言えるでしょう。

LINE公式アカウントでステップ配信をするための設定

次にLINE公式アカウントでステップ配信を開始するための設定手順について解説します。設定は以下の7つのステップで行います。

  1. ホーム画面のステップ配信をクリック
  2. 基本設定を入力
  3. 開始条件を設定する
  4. ステップを追加から「メッセージを配信」を選択
  5. ステップを任意の数だけ追加
  6. ステップを追加から「条件分岐を追加」を選択する
  7. 設定完了

それぞれのステップについて詳しく解説します。(※ステップ配信の設定はスマホアプリではできません)

1.ホーム画面のステップ配信をクリック

LINE公式アカウントのホーム画面にある、「ステップ配信」をクリックします。そうすると画面右にステップ配信の画面が表示されるため、「ステップ配信を作成」ボタンを押して次に進みます。

2.基本設定を入力

ステップ配信の作成を開始すると、上記のような基本設定の画面が表示されます。管理画面上でのタイトル、タイムゾーン、有効期間、配信数の上限の4つの項目が表示されるため、自信の配信に合わせて設定していきましょう。

配信数の上限においては、「先着◯名にだけ配信をしたい」など、友だち数を限定してステップ配信を利用したいときに利用できます。

3.開始条件を設定する

基本設定が完了したら、ステップ配信の開始条件を設定していきます。開始条件の種類は友だち追加とオーディエンスの2つです。

友だち追加を選択した場合は、すべての経路と特定の経路を選択でき、特定の経路では検索や友だち追加アイコン、外部流入など様々な項目を選ぶことが可能です。

オーディエンスについては、こちらの見出しでも詳しく解説しているので、ぜひ参考にして下さい。

4.ステップを追加から「メッセージを配信」を選択

次に「ステップを追加」→「メッセージを配信」の順にボタンをクリックしていきます。そうすると上記画像のように、1日後とメッセージ配信の欄が追加されます。「1日後」のボタンを押すと、日数を変更することも可能です。

また、「メッセージ配信」を押すと、メッセージ編集の画面が右に表示されます。メッセージ編集画面では、メッセージラベル、配信時間帯、配信コンテンツ作成箇所が表示されます。

配信文を作成する場合は、最大500文字の文章を3つ設定することが可能です。

5.ステップを任意の数だけ追加

メッセージ配信は複数設定することが可能です。フローチャートの矢印部分にカーソルを合わせるとプラスボタンが表示されるため、クリックしてメッセージ、または条件分岐を追加をクリックします。

ただし、メッセージ配信は1ルート10個までの設定となるため注意が必要です。

6.ステップを追加から「条件分岐を追加」を選択する

「メッセージを配信」ではなく「条件分岐を追加」ボタンをクリックした場合は、上記のような画面が表示されます。条件分岐での設定は、条件ラベル、属性、オーディエンスの3つです。

属性においては、「性別・年齢・OS・地域」の4つの項目から選択できます。条件ラベルはユーザーには表示されないため、自身がわかりやすい名前をつければ問題ありません。

条件分岐をすると、ルートごとにメッセージの配信の設定が可能になるだけでなく、さらに条件を追加することもできます。うまく条件を利用することで、ユーザーのニーズに合わせたアプローチが可能となるでしょう。

2022年2月9日からオーディエンスが利用可能に

ステップ配信の機能が追加された当初は実装されていませんでしたが、2022年2月9日にオーディエンスによる条件分岐が利用可能となりました。ステップ配信の開始条件としても利用することが可能です。

オーディエンスはホーム画面のデータ管理から設定することができ、メッセージの配信対象を絞り込むための機能です。

クリックリターゲティングやインプレッションリターゲティング、友だち追加経路オーディエンスなど、様々なタイプが用意されており、あらかじめデータを用意しておくことで利用が可能となります。

7.設定完了

条件分岐はメッセージ配信の設定が完了したら、画面下に表示されている利用開始のボタンをクリックします。以上でステップ配信の設定が完了となり、順次配信が行われます。

利用開始のボタンをクリックすると以下画面の遷移されるため、ステータスが利用中になっているか確認しておくのがおすすめです。

LINE公式アカウントのステップ配信を活用した事例


LINE公式アカウントを活用してステップ配信を行うなら「どのように行うことができるの?」と疑問を感じる人もいるでしょう。LINE公式アカウントを活用したステップ配信はいろいろな事例があります。特に注目できる事例について2つ紹介します。

事例1|個別相談やセミナーへの参加の誘導

LINE公式アカウントを活用してステップ配信を行うなら、個別相談やセミナーへの参加の誘導に活用することが可能です。友だち追加した方に、セミナーへの参加や個別相談をするメリットの記載した内容を送信することで、参加への意欲を向上させることができます。

友だち登録のお礼を始めにメール送信してから、セミナーの内容を紹介、他社との違いを説明、セミナーの案内という順番で行うと、ユーザーの参加意欲を高めることができます。セミナーへの具体例などを送信するとより他との違いを認識しやすくなるでしょう。

事例2|習いごとや教室の案内

習いごとや教室の案内として利用することもできます。LINE公式アカウントのステップ配信でヒアリングを主内容としたメッセージを送信し、習い事や教室の参加人数を増やすことも可能です。

例えば、ステップ配信で週に何回通うことができるのかという旨のメッセージを送信した後、「目的はダイエットかリフレッシュなのか」「どのような広告を見たのか?」という点を質問します。

そうすることで、顧客の目的や状況に応じた最適なコースを宣伝することができ、オンラインスクール運営者などは的確に顧客ニーズの把握ができます。

ステップ配信の料金について

LINE公式アカウントのステップ配信は、完全無料で利用することが可能です。ただし、月ごとにメッセージ配信の上限数があることには注意する必要があります。

LINE公式アカウントの各プランにおける料金・メッセージ配信の上限数は以下のようになっています。

  フリー ライト スタンダード
月額料金 0円 5,000円 15,000
無料メッセージ数 1,000 15,000 45,000
追加メッセージ料金/1通 該当なし 5円 ~3円(詳細はこちら)

参考:LINE for Business:「料金プラン

ステップ配信においてもメッセージ数としてカウントされ、上限に達した場合配信が停止してしまうため注意が必要です。友だち数や月間での配信数を予め想定しておくとよいでしょう。

 

ステップ配信の注意点

ステップ配信のメリットや設定方法などについて解説しましたが、ここからは注意点についても確認していきましょう。

メッセージを送りすぎない

メールと比較すると、LINE公式アカウントはブロックにより配信の停止をされやすい傾向があります。ブロックされると解除されるケースは少なく、再度配信を受け取ってもらうことが難しいため注意が必要です。

そのため適度な頻度で配信することが肝要です。あくまでも目安となりますが、1日に配信するメッセージは1通程度にして、1週間に2~3回程度までに抑えた方が良いでしょう。

ユーザーの状況に合わせて配信を除外する事が重要

ユーザーが商品を購入した後にその商品の値引きキャンペーンなどのメッセージを配信すると、不快感や不信感を与えてしまいます。

ステップ配信のメリットである自動配信はとても便利な機能ですが、ユーザーに応じた適切な配信を行わないと顧客離れの原因となることもあります。

細かい条件分岐や設定には外部ツールが必要

無料で自動配信を利用できるステップ配信機能ですが、外部ツールに比べると詳細設定や分析の面で劣るのが現状です。例えば、配信開始の条件を設定する場合、ステップ配信では友達追加、オーディエンスの項目しかありません。

しかし、外部ツールを利用すれば、特定の行動を行った顧客にタグ付けをし、条件に当てはまる人にのみメッセージを配信することが可能です。例えば、LINE公式アカウントの友だち追加時にアンケートを行い、回答によってその後のステップ配信を変えることもできます。

より本格的に、ステップ配信機能を利用したい方は、外部ツールの利用を検討すると良いでしょう。

まとめ


本記事ではLINE公式アカウントでのステップ配信のメリットや注意点について解説しました。LINEをマーケティングやプロモーションに活用していくことで、メールではリーチできない層へもアプローチが可能になります。

ただし、LINE公式アカウントだけでは、設定の自由度や分析機能が限られていることもあり、本格的にLINE配信によるマーケティングを実施する際には、外部ツールを用いることが必要です。

LINE公式アカウントでのステップ配信は無料で利用できるため、配信自動化の第1歩として利用してみるのも良いでしょう。

通販CRMラボ監修 お役立ち資料無料ダウンロード!

通販CRMラボ監修お役立ち資料無料ダウンロード!

累計導入者数650社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。

“うちでのこづち”ではじまる
新たな顧客接点

トップへ戻るボタン画像