LINE公式アカウントの新機能「ステップ配信」とは?機能や注意点について解説

近年、マーケティングやプロモーションのためにLINEを活用している企業や店舗が多くなっています。
LINEの一斉配信などにより、キャンペーンの告知などを多額の宣伝広告費をかけずに行うことができるのでとても便利なのではないでしょうか。

LINEを活用することで、これからさらに売上を伸ばしたいとお考えの方を対象にLINE配信の新機能である「ステップLINE」がLINE公式アカウントから2021年2月にリリースされました。
このステップLINEについてご紹介すると共に、その機能やメリット、使用する際の注意点などについても解説いたします。

この記事を参考にして、マーケティングやプロモーションにLINEを活用することを検討していただきたいと思います。

ステップ配信ってなに?


ステップ配信とは友だち追加したユーザーに対して、ユーザーの行動をきっかけにして、あらかじめ用意しておいたメッセージを特定のタイミングで配信する機能です。

会員登録や購入などの設定した条件に当たる行動をしたユーザーに対して、あらかじめ準備しておいたメールをスケジュールに沿って配信するステップメールが、メールを用いたマーケティング手法の1つとして活用されています。

ステップ配信では友だち追加した経路や追加してからの日数、ユーザーの属性情報に応じたメッセージを適切に配信する設定をしておくことができます。
このようなユーザーの行動をきっかけにして、設定した条件に基づいて状況に応じた適切なコンテンツが配信される機能であるステップ配信をLINEでも使えるようになったということです。

ステップLINEとは?


それでは、LINEで使えるようになったステップ配信の機能であるステップLINEについて詳しく見ていきましょう。

ステップLINEとはLINE公式アカウントにおけるステップ配信の機能で、設定したタイミングに合わせてあらかじめ用意しておいたメッセージを自動配信する仕組みのことです。

各ユーザーの状況に応じて段階的にメッセージを送ることができるため、効率よく自社のサービスや商品について理解してもらうことができます。
そのため、見込み顧客の育成に効果的であると共にLTVの向上を図ることが可能になります。

ステップLINEを使用した場合の具体的な流れはこのようになります。

友だちの追加をきっかけにして、最初にあいさつのメッセージがユーザーに送信されます。
その後にステップ配信の機能を使って、設定されているタイミングで段階的にメッセージが配信されます。
まずは商品に関するお知らせのメッセージを配信。
次にクーポンを配信。
さらにアンケートを配信。

このように、友だちの追加を発端にして設定されているタイミングでユーザーに合わせて段階的にメッセージが配信されるため、運用の負担を増やすことなくマーケティングやプロモーションの活動に取り組むことが可能になります。

ステップLINEができること


ここまでステップLINEについて解説しましたが「ステップLINEとステップメールの違いが良く分からない」、「機能としては同じではないのか?」などの疑問を持たれた方もおられるかもしれません。

たしかに、ステップLINEとステップメールはどちらも、あらかじめ設定されたタイミングで決められたメッセージをユーザーに自動で配信するという点については大きな違いはありません。
しかし、ステップメールと比較した場合にステップLINEの方が優れているポイントが少なくとも3つあります。
ここでは、その3つのポイントについてご説明いたします。

開封率・返信率の向上が期待できる

ステップLINEはステップメールと比較して、配信したメッセージの開封率・返信率が高い傾向があります。
その理由としては、LINEが多くの人々に日常的に利用されているメッセージングアプリであることからメッセージの確認頻度が高いことです。

メッセージが届いた時にプッシュ通知も来るため、メッセージを見てもらえる可能性も高くなります。
また、LINE独自のスタンプなどを用いることでデザイン性の高いメッセージを発信することができることも強みになります。

配信したメッセージの開封率・返信率を高めることができれば、ユーザーを自社のWebサイトへ誘導できる可能性が高まります。
商品やサービスに関するお知らせやクーポンなどをステップLINEで配信することで、売上の向上につなげることができるということです。

やり取りの確認がしやすく配信業務が効率化できる

LINE自体が多くの人々に利用されているメッセージングアプリであることから、ステップLINEで配信したメッセージの開封率・返信率は高くなります。

そのため、配信したメッセージに対するユーザーの反応を見て改善していくことができます。
タイミングに合わせて段階的にメッセージを配信していく際に、どのメッセージが反応が良かったのかだけではなく、ユーザーごとにどのようなメッセージに興味関心を示すのかなどを確認することが可能です。

このような特徴により、マーケティングやプロモーションを効率的に実施することができるようになります。

顧客との関係構築や購買意欲を高めることができる

ステップLINEで商品やサービスに関連するメッセージを繰り返し配信することで、顧客の来店や商品の購入を促すことができます。

ステップLINE経由で商品を購入した顧客に対して、購入された商品の状況についてや関連する商品のお知らせなどのメッセージをタイミングよく配信することで、フォローアップすると共にプロモーションも行うことができます。
それにより、顧客1人当たりのLTVを向上させることが可能になります。

ステップLINEのメリットについて


ステップLINEの概要について解説しましたが、ここではステップLINEを使用することによる具体的なメリットについてご説明いたします。
一つずつ見ていきましょう。

即時性が期待できる

LINEかメールかを問わず、ステップ配信を活用することによるメリットはユーザーごとに設定されたタイミングで適切なメッセージを配信することで、マーケティングやプロモーションの活動を効率よく行うことができることです。

前述したようにLINEは多くの人々に日常的に利用されているメッセージングアプリであることから、メールと比較して即時性、つまりリアルタイムでメッセージが開封されて閲覧される可能性が高いと考えられます。
即時性が高いほど、ユーザーにとって適切なタイミングで価値のあるメッセージの配信を行うことができます。
このため、ステップ配信とLINEを組み合わせたステップLINEはとても有用だと考えられます。

例えば、自社商品を購入した顧客に対して2回目の購入を促したい場合には、ステップLINEを下記のような流れで活用することができます。

まず最初に、初回購入日から商品が到着する前に、商品を使用することによるメリットに対する期待感を高めるメッセージを配信する。
次に、商品到着日に合わせて商品の使用方法などについての情報を配信する。
さらに、商品到着日の数日後にお客様の声とキャンペーンの案内を配信する。
その後に、関連商品やおすすめ商品などの情報を配信する。

このようなユーザーの状況に応じたメッセージの配信を行うには、メールを使ったメッセージの配信よりも高い即時性が期待できるステップLINEの方が、ユーザとタイムラグの無いコミュニケーションを図ることに適しています。

利用者が多くアプローチしやすい

LINEは多くの人々に利用されているため、メールは使っていないがLINEは日常的に使っているような層の顧客開拓に有用です。
メールではアプローチしにくい層と思われる若年層のユーザーに対して、LINEでアプローチを行うことで想定したターゲットに意図したメッセージを伝えることが可能になります。

もちろん、メールを使ったステップ配信も併用して活用するとさらに有効だと思います。
LINEを日常的に使っている若年層のユーザーに対してはステップLINE、その他のユーザーに対してはステップメールを活用することで、アプローチしたい層に合わせたチャネルでメッセージの配信を実施すれば効率的なプロモーションが可能になります。

また、メールでメッセージを送ったが反応の無かったユーザーに対して、LINEでメッセージを送ると反応する場合もありますので、その際はLINEでのメッセージ配信に切り替えるなどメールとLINEを上手く使い分けて臨機応変に対応していくことが必要です。

ステップ配信の設定方法について


これまでステップLINEについての解説を読まれて、活用してみたいと思われた方もおられるのではないでしょうか。
ステップLINEを使いたい場合にどのような手順で設定すれば良いのかを理解していただくために、ここではステップLINEにおけるステップ配信の設定方法について説明いたします。

まずはLINE公式アカウントの管理画面にログインしてください。

ステップ配信を選択

サイドバーにある「ステップ配信」を選ぶと、ステップ配信の画面が表示されます。
右上にある「作成」をクリックすると「基本設定」と「メッセージ設定」に分かれた画面が表示されます。

基本設定

「基本設定」のところで「タイトル」、「タイムゾーン」、「有効期間」を設定します。
「タイトル」では管理用に使う名前を付けて、「有効期間」ではどの期間で友だちになった人を対象にするのかを設定します。

メッセージ設定

次に「メッセージ設定」ですが、こちらがメインとなる設定項目になります。
まずは「友だち追加」ボックスをクリックします。
すると右側に設定画面が表示されます。

「開始条件の種類」は「友だち追加」となっています。
設定する項目は「追加日」と「追加経路」の2つです。

「追加日」で選択した日付以降に友だち追加された人が配信の対象になります。
「追加経路」では「すべての経路」もしくは「特定の経路」を選択します。

「特定の経路」を選択した場合は、<検索>、<ホームタブ>、<友だち追加アイコン>、<公式アカウントリスト>、<トークルーム内ボタン>、、<外部流入(QRコードやWebページなど)>、<連絡先シェア>の選択肢から対象にしたい経路を選びます。

これらの設定が完了したら「保存」をクリックします。

ステップを追加

「ステップを追加」をクリックします。
そうすると「メッセージを配信」と「条件分岐を追加」が表示されます。

「メッセージを配信」を選択します。
そうすると、左側に「1日後」と「メッセージ配信」というステップが追加表示されます。
その「メッセージ配信」をクリックします。
すると右側に「メッセージを編集」という画面が表示されます。

「メッセージを編集」画面には「メッセージラベル」、「配信時間帯」、「コンテンツ」があり、ここで配信したい内容を設定します。

「メッセージラベル」ではメッセージ内容を識別するためのラベルを設定します。

「配信時間帯」では配信する時間帯を設定します。配信数が多いなどの理由で指定された時間内に配信できなかった場合は、次の日の同じ時間帯に配信されます。

「コンテンツ」では配信するメッセージを設定します。

「コンテンツ」でメッセージを設定するとプレビュー画面で内容の確認ができます。

確認して問題なければ「保存」をクリックします。

そして「1日後」をクリックします。
すると右側に「待ち時間を編集」画面が表示されます。

初期設定では「友だち追加」から1日後に次のメッセージが配信されるようになっています。
ここで「友だち追加」から何日後にメッセージを配信するのかを設定できます。

設定したら「保存」をクリックします。

条件分岐を追加

「ステップを追加」をクリックすると前述の「メッセージを配信」と共に「条件分岐を追加」という項目が出ていました。
条件分岐を使うことで、設定した条件で配信を分岐させることができます。
この「条件分岐を追加」をクリックすると「条件1」と「+ボタン」が表示されます。

「条件」をクリックすると右側に「条件を編集」画面が表示されます。
ここで「条件ラベル」と「条件」を設定します。

「条件ラベル」とは条件の識別ラベルで、「条件」とは分岐させる条件になります。
属性としての<性別>、<年齢>、、<エリア>を分岐する条件とすることが可能です。

条件に合致しない場合の配信については「+ボタン」で追加します。

配信のスタート

配信の内容、配信のタイミング、配信の条件を設定したら「利用開始」をクリックします。
これでステップ配信がスタートできます。

ステップLINEの注意点について

ステップLINEのメリットや設定方法などについて解説してきましたが、ここではいくつか注意点についても確認しておきましょう。

送りすぎない

メールと比較すると、LINEはブロックにより配信の停止をされやすい傾向があります。
ブロックされると解除してもらうことは難しいため注意が必要です。

そのため適度な頻度で配信することが肝要です。
1日に配信するメッセージは1通程度にして、1週間に2~3回程度までに抑えた方が良いでしょう。
また、ステップLINEで配信されたメッセージは課金対象のメッセージとなっていますので注意が必要です。

ユーザーの状況に合わせて配信を除外する事が重要

ユーザーが商品を購入した後にその商品の値引きキャンペーンなどのメッセージを配信すると、ユーザーに不快感や不信感を与えてしまいます。
ステップLINEのメリットである自動配信はとても便利な機能ですが、ユーザーに応じて配信を管理する必要があります。

LINE公式アカウントのみでは設定できない

LINE公式アカウントだけでは購入日や登録日などの日付の設定によるメッセージの自動配信ができません。
また、属性データを用いた配信などもLINE公式アカウントだけではできません。
そのような配信を実施したい場合は、LINEと連携可能なマーケティングツールの活用が必要となります。

まとめ


本記事ではLINEでステップ配信ができるステップLINEのメリットや注意点について解説いたしました。
LINEをマーケティングやプロモーションに活用していくことで、メールではリーチできない層へもアプローチが可能になります。
本記事を参考にしてステップLINEの活用を検討されてみることをおすすめいたします。

通販CRMラボ監修 お役立ち資料無料ダウンロード!

通販CRMラボ監修お役立ち資料無料ダウンロード!

累計導入者数650社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。

“うちでのこづち”ではじまる
新たな顧客接点

トップへ戻るボタン画像