LINE公式アカウントを活用するメリットについて解説

コミュニケーションツールとして多くの方が利用するLINE。
日本国内だけでも月間8,800万人以上が利用しており、若者を中心に幅広い年代で利用されています。
そんなLINEを企業や店舗で活用することで、集客効果を大きく期待することが出来ます。
今回は、公式ラインを利用することでのメリットについて、企業・店舗目線から解説していきます。

LINE公式アカウントとは

LINEの公式アカウントはビジネス向きのLINEでマーケティングに活用することができたり、各業務のために導入する企業も増えています。
ラインの集客方法は、簡単、集客は「おすすめ」のボタンをタップすることで集客を試みることが可能でメッセージはLINE内の複数の友人に送ることができ、友人の数が多ければ多くの人にメッセージや情報を拡散でき集客に効果的です。
アプリの「プッシュ機能」を使用して通知メッセージを送信することができるので、一斉に広告を出す際のマーケティングなどに最適なツールです。
LINEは友達5000人まで追加することができるので一つのアカウントで多くの人に発信することが可能なツールです。

種類や料金について

フリープラン:無料
ライトプラン:5000円
機能面では無料メッセージが1000通
ライトプランの場合には15000通となります。
更にスタンダードプランは「月間15000円の料金で無料メッセージ利用数は45000通」となり更に大容量で機能をフルに活用することが可能です。
各種のビジネスや商品の販売などにも利用され始めていて、その他にも各種の「セミナーやスクール」などにもLINEを活用したマーケティングを行っている企業も増えています。
比較的リーズナブルに利用することができますが、ラインは「追加メッセージ料金は不可、ライトプランは5円」となります。追加費用などはなく、安定した金額で各種のビジネスなどにも使用することができます。

開設方法について

LINEの公式アカウントの開設方法は、アプリからでもpcからでも開設可能でアカウントは、未承認、または承認アカウントとプレミアムアカウントに別れます。
未承認の場合位は、審査は不要ですが、承認アカウントやプレミアムアカウントは審査を通過する必要があります。

LINE公式アカウントの出来ること

公式アカウントを登録して使用するだけで「チャットやメール、カレンダー機能」を使うことが可能です。またファイル管理なども可能となり各種のビジネスツールとしてもおすすめできます。LINEを使用して予約などを行うことも可能となり、LINEと連携しているサービスを利用することができるようになります。

メッセージ機能

SNSなのでメッセージ機能は当然ついているばかりでなくビデオチャットや、チャットを使用することができその他のLINEが展開している「LINE MUSIC」なども使用することが可能となり、スマホにダウンロードするだけで、友人やお得意さんとのやり取りもリアルタイムで行うことが可能になります。

1:1のチャット

1:1のチャット機能を利用して待ち合わせ、または、海外の友人とリアルタイムチャットが可能ですが、自動音声メッセージを設定して、留守に備えることも可能なので、よりビジネスツールとしても利用価値の高区、メッセージ機能と使い分けるとより便利です。

アカウントページが作成できる

アカウントページでプロフィール作成をすると「背景画像や、BGM , 誕生日」の設定、画像つきの写真を登録することができ、LINEアイコンを使用してコミュニケーションを図ることが可能となります。LINEの利用者は、皆さんがこの設定を行いますが、各種のビジネスページやアーティストとして活動している方はホームページのリンクや販売先のリンクなどをADDで追加することが可能なので、そのままビジネスの広告としてもアカウントページを応用することが可能です。

LINEを各種の商品やサービスの販売をするためのマーケティングとして利用することで、多くのLINE 利用者へ向けてのPRやリーチが可能なツールです。そのため近年は、中小企業もLINEの利用に乗り出しています。

クーポン配布

LINEをビジネスで利用するもう一つの大きなメリットの一つがクーポンの利用です。クーポンを十分に利用することで、LINEアプリで、画面を提示すれば、飲食から買い物まで行うことが可能です。

LINE に登録していればこのクーポン機能は誰でも使用することが可能となり、個人のビジネスを営む方にもLINEは利用価値の高いツールで、集客に効果的です。クーポンの開封率も確認することができるのキャンペーンの反響も確認でき便利です。
登録している友人が顧客の場合には、クーポンなどの情報を一斉に配信することが可能です。その他にも様々な活動のPRや割引が可能です。

タイムライン・ホーム

Line公式アカウントは、一般のLINEとは異なり、情報公開率が高いのが特徴です。不特定多数の人に情報を発信することが可能で「タイムライン・ホームは、情報を他のLINE ユーザーと情報を共有することが可能」です、メッセージを配信するとともに写真や動画を投稿することが可能です。その他にもストーリーや機能もあり、制限時間を設けた特別な投稿も可能となります。
また公開範囲を設定することで、自分の友達だけ、情報を後悔したり、限定した人に向けて公開することも可能です。
タイムラインでは、その他のLINEユーザーの情報や広告もあるので、競合他社の状況や、同じような製品の広告などを見かけることもあります。広告として利用している企業も増えていますので、大手企業だけでなく中小企業もPRをしています。

リサーチページ

LINEに付帯しているリサーチ機能は、アンケートをとることが可能となり、投票性のアンケートを情報公開して募集することが可能です。
アンケートの結果を友人を登録者とシェアすることも可能となり、マーケティング等の広告のアンケートなどに機能を活かすことが可能となり、非常に充実した利用が可能となります。
リサーチページによって、今後の動向を見極めたり、企業の方向性を見出すこともでき、また新商品の開発にもアンケートの意見などを反映させることができるようになります。

LINEショップカードの発行

機能はショップカードを発行し、psypsyにポイントを移行したりLINEスタンプとの交換も可能です。
LINEショップカードを発行することで「商品、購入・サービス利用や決済」が可能となりでポイントを貯め使用することが可能となります。
LINEの利用者に限り、提携しているサービスでのポイントを貯めやすくなり、頻繁にLINEを利用している方や、スタンダードプランを利用している方はポイントを貯めながらLINEのサービスを使用することが可能となります。

統計情報の確認

LINEの統計情報はアカウント、ホーム、ターゲティングメッセージなどを確認することが可能で、主要な統計を自身のアカウントで確認することができます。
ビジネスでの運用の際には「登録ユーザーの推移や、ブロックされた数」などを確認することが可能です。地域や、年齢などのLINEのユーザーデータも把握することができるのでマーケティングリサーチも容易に行うことができます。
リーチ数を確認することが可能で、実際に広告などを出した際に、どのくらいの人にリーチしているのかを確認することも可能です。
近年のインターネットを利用したマーケティングはSNSのマーケティング、またはSEOを活かしたマーケティングなどがありますが、SNSは特にシェア機能によって爆発的なリーチ力を発揮することもあります。

LINE公式アカウントを活用するメリット


LINE公式アカウントを活用するメリットとして、まずは、アカウントが十分に安全に使用することができること、また他のLINEユーザーに向けて容易に情報を発信することが可能なので、公式アカウントを使用するメリットはこのリーチ力を上げることができます。
その他にも複数人へ向けての情報発信や、チャット機能に優れているためにグループでのビジネスや複数人での利用に最適なツールです。
顧客の分析も可能なので、各種のビジネスに非常に有意義な機能がついています。

ユーザー数が多いプラットフォームであること

LINEの大きなメリットは利用者数が全国で8600万人いることです。ユーザー数が多いプラットフォームなので、複数のアカウントを持ち、マーケティングに活かすことも十分に可能です。中小企業やベンチャー企業などは社員一人ひとりがLINEのアカウントを持っていて、広告掲載や情報発信をするケースもあります。
ユーザー数が多いので、複数のアカウントを持つ必要性もあるのでグループでマーケティングにLINE を活かすことが可能なツールです。

開封率・即効性がメールよりもある

LINEはなんと行っても常にリアルタイムで情報を発信することができるので、マーケティングにも、またビジネスツールとして活用することができるのは魅力です。
ユーザの数が多いので、即効性、開封率も高くメールよりも効果のあるツールです。

気軽に友達登録が可能

LINEはプライベートで使用する際には、友達を気軽に増やすことが可能なツールです。そのためビジネスだけでなくもちろんプライベートでもツールを活用することが可能です。婚活や恋人探し、メンバーの募集を募る際にもLINEを活用することが可能です。
ビジネスで利用する際にもプロフィールにビジネスや商品のリンクなどを添付することで、友達承認をしてもらうことも可能です。ビジネスで利用する際にはなるべく年齢や性別などターゲットを絞って友達登録をすると、広告や情報を公開した時に良い反響を得ることができます。

販促に便利な機能が充実している

販売促進便利な機能の一つとしてプッシュ機能があります。プッシュ機能を使用することで、LINEの投稿をその他の友人の、タイムラインに表示させることが可能です。複数人でシェアすることで、情報や広告を拡散することも可能です。ビジネススクールのセミナーなどを募集することも可能で、各種のビジネス広告を掲載する際にも非常に有意義です。
その他にも、上記で説明したクーポン機能も付帯しているので、この機能を活かして、割引キャンペーンを行い、ビジネスに活かすことが可能となり情報が必ず届き、迷惑メール扱いにならないので、メール連絡の開封率が高い事も、メリットとなります。

無料でも活用することができる

スタンダードプランは各種のビジネスに活かすことが可能なプランで、機能面も充実していますが、フリープランでも十分に各種のビジネスに活かすことが可能です。
また、LINEMUSICも無料で使用することが可能となり、LINEは無料でも、十分にその他のサービスを利用することができます。
普通に友人とのやり取りならば、無料でも十分にツールを利用することができます。ビジネスで使用するならばプランを検討することが可能でいつでもプランは切り替えが可能です。
無料でも活用可能ですが、スタンダードプランならば、制限を気にしないで利用することができます。

自分でアプリ構築するよりも簡単に構築&運用可能

自分でアプリを構築する必要もなく「LINEのコミュニケーションツール」を使用することが可能となります。LINEのチャット機能、情報公開は、各種のビジネスや商品の販売にも十分に利用することができ、モバイルにアプリを一つ一つダウンロードをする必要がないのも簡単、簡潔に使用することができ、運用も簡単です。

LINE公式アカウントを活用するデメリット


公式アカウントを解説しても、マーケティング効果がない、または広告宣伝の効果が出ないケースもあるのでデメリットとして以下に紹介します。

友達登録が少ないと効果が薄い

登録する友達の数が少ない際には、効果があまりなく、アカウントを持っていてもあまり意味がありません。LINEは友人の数また情報をシェアすることができる友人の数が少ないと、広告宣伝効果が薄くデメリットです。

ブロックされてしまいがち

各種のビジネスにおいて上手に運用しないとブロックされることもあります。スパムのように連投していて、内容が同じ、または常にビジネスライクな投稿ばかりしているとブロックされてしまうこともあります。
Lineに限らず各種のsnsはこの機能がついていますので、各種のビジネスで利用する上でも、挨拶や、スキンシップを怠らずに行うことが求められます。
ビジネスで利用するにしても信頼関係をその他のLINE のユーザートこなしていく必要があります。

スマホ以外のユーザーに対して効果が薄い

LINEはスマートフォン対応のアプリケーションで、多くの登録者がスマホユーザートなります。そのため、スマホユーザー以外の方にはリーチされないのもデメリットとなります。特にオンリーPCユーザーには、効果が薄いです。

登録者数に応じて料金がかかる

LINEはメッセージの通数が増えると、1通につき5円が加算されることになります。そのため、メッセージの配信の数に合わせたプランの選択が求められます。頻繁に利用するならば、メッセージ数に応じた料金プランを契約する等検討しましょう。登録者が増えるとその分の料金がかかることとなります。

LINE公式アカウントを活用する上での注意点


LINE公式アカウントを使用する際には、まずは、LINEユーザーに向けた商品やサービスをどのようにマーケティングするのかを計画すること、またそれに合わせたプランを契約することが重要です。LINEでできることはコミュニケーションっから情報発信など豊富なアクションが可能ですが、利用する上でLINEのポリシーを確認、その他のユーザーへの配慮、また、当然すべてのSNSはスパムは禁止となりますのでご注意ください。

利用規約は厳守する

LINEを使用する上で、ポリシーに数度違反して守らない場合にはアカウント削除や停止の可能性があります。特にビジネスでLINE を使用していくならば連投やスパムなどには注意が必要です。利用規約を事前に確認してルールに従った利用が前提となります。

内容と送るタイミングには注意

LINEでのマーケティング活動は、内容と送るタイミングが重要です。特にテキストにはタグをつけるなどして、機能をフル活用しながらマーケティング活動を行うと有意義です。

まとめ


LINEは、各種のビジネスや商品の販売等のマーケティングに非常に便利なツールです。無料でアカウントを作成することが可能で、「プッシュ機能」を利用すれば、その他のユーザーと情報や、広告を共有することができるのは大きな魅力です。スマホユーザーの数が多く、十分なターゲッティングを行うことで、各種のビジネスを促進、商品やサービスのリーチを高めることが可能となります。使いやすい機能がじゅうじつしていて、グループチャットなども可能なので、複数人での作業も可能となり、マーケティングだけでなく、仕事管理や業務管理などにも利用可能なツールです。無料で使用することができるコースからっスタンダードに使用することができる有料のコースもあるので、ビジネスで利用するならば有料を選択してLINEをフル活用することが可能です。

通販CRMラボ監修 お役立ち資料無料ダウンロード!

通販CRMラボ監修お役立ち資料無料ダウンロード!

累計導入者数650社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。

“うちでのこづち”ではじまる
新たな顧客接点

トップへ戻るボタン画像