SFA/CRMを徹底比較!違いや基本機能について解説

2020/02/29

営業活動を効率化するために健闘したいのがSFA(営業支援システム)やCRM(顧客管理システム)といったサービス。しかし、単語の意味がわからない方や機能がよくわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、そんなSFAとCRMの違いや機能の比較をご紹介します。CRMやSFAについてなんとなくわかっているという方にも違いや利点が分かるように解説します。

【Contents】

・SFA(営業支援システム)・CRM(顧客管理システム)について

・SFA(営業支援システム)・CRM(顧客管理システム)の違いは?

・SFA(営業支援システム)・CRM(顧客管理システム)比較一覧表

・SFAとCRMツールだったらどっちがおすすめ?

・まずはCRMを導入してみよう


SFA(営業支援システム)・CRM(顧客管理システム)について

SFA(営業支援システム)とは?

SFAとは「Sales Force Automation」(セールスフォースオートメーション)の頭文字をとったもの。営業力を自動化するという意味があるSFAは、日本では”営業支援システム”ともいわれています。

SFAは、過去の取引の実績や解決すべき事柄、問題となっている事柄の状況などをシステムによって情報を1箇所に集めて管理。営業の流れや情報を見える化することで、営業の効率化、最適化をねらったシステムです。

CRM(顧客管理システム)とは?

CRMは、「Customer Relationship Management」(カスタマーリレーションシップマネジメント)の頭文字をとったもの。顧客との関係を管理するという意味があるCRMは、日本では、顧客管理システムといわれています。

企業に蓄積された顧客の情報(データ)を記録して、企業のチームで情報を共有することでサービスの向上を目指すツールです。

SFA(営業支援システム)・CRM(顧客管理システム)の違いは?

SFAとCRMとは何なのかを簡単に解説してきました。

「SFAとCRMの機能の違いってどこにあるの?」そのように感じる方も多いかと思います。それぞれの基本機能を解説し、違いについて解説していきます。

SFAの基本機能

  • 顧客情報管理
  • 営業日報
  • 行動管理
  • ToDo管理/リマインド
  • 予定管理
  • データ分析レポートなど

CRMの基本機能

  • 顧客管理
  • メール配信
  • 販売促進活動
  • 顧客支援機能
  • スケジュール管理
  • ソーシャルメディア連携など

SFAとCRMの違い

SFAとCRMでは、目的が異なります。

・SRM=営業活動を支援すること
・CRM=顧客情報を管理すること

SFAは、営業を行う人の営業プロセスを可視化して共有。そうすることで、どんな人でも効率的な営業ができる仕組みです。

CRMは、案件や顧客によって情報の発信や提案を行うことできる仕組みです。

SFA(営業支援システム)・CRM(顧客管理システム)比較一覧表

SFA(Sales Force Automation) CRM(Customer RelationShip Management)
営業活動の最適化 顧客情報の管理
行動管理 プロモーション機能
日報管理 顧客支援
データ分析レポート データ分析レポート
スケジュール管理 予定管理

SFAとCRMツールだったらどっちがおすすめ?

どのような目的をもっているかによってSFAかCRMのどちらを利用するかは違ってくるので、一概にはいえません。

しかし、顧客情報を管理して、メール配信やキャンペーン管理、ソーシャルメディア管理などを多様なアプローチを検討されている方にはCRMツールがおすすめです。

まずはCRMを導入してみよう

SFAとCRMの機能に大きな違いがないため、一概にどちらが良いかは明言できません。しかし、SFAかCRMのどちらを導入するか悩んでいるならCRMから導入してみてはいかがでしょうか?

CRMは営業だけでなく、顧客情報を管理することに特化しているのでマーケティング全てを最適化することが可能だからです。多彩な機能を持つCRMで、効果的な営業活動を行っていきましょう。

Leave A Comment

You must be logged in to post a comment.

EC通販における CRMマーケティング基礎資料 プレゼント!

累計導入者数600社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。