DtoCブランドで成功するアパレル業界の新事情。DtoCで成功したブランドを紹介

商品を売って利益を得るためには、いろいろな販売の手法があります。アパレル関係の商品もたくさんの種類があるため、利益を上げるためには他の製品と自社の製品の違いを購入者側に理解してもらい、製品の特徴を知ってもらう必要があるでしょう。

製品販売のアピールに成功することができれば、購入者側はメリットを得ることができるので、商品の売上が向上しお店の経営状態にも良い影響を与えることができます。ただ、利益を上げるためには、どんな手法を用いて製品をアピールするのか選択することが大事です。

効果的な手法をしっかり選択することが購入者の販売促進につながるので、しっかり内容を把握しておくことが大事です。アパレル業界では今DtoCと言われる手法で販売に成功している業者があります。DtoCの内容について紹介していきましょう。

DtoCって何


DtoCと製造者が消費者に直接サービスを販売するビジネスモデルのことを言います。DtoCはDirect to Consumer(ダイレクトトゥーコンシュマー)の略であり、製造機能を持つメーカーが製造から消費者への販売まで一連の流れを全て行います。

DtoCが行われるようになったのは、インターネットの普及によりオンライン上で商品の販売が行えるようになったのがきっかけです。オンライン上であればECサイトへの販売やECパッケージのプラットフォームを利用したサイト構築などをして、ネット販売から商品の販売を行えます。

ネット販売は店を持たずに製品を販売でき、オンライン上で製品を出品して後は消費者が商品の購入を待つのみなので、手軽に行うことができます。商品販売では効率の良い方法で、多くのアパレル関係業者が利用しています。

アパレルがDtoCビジネスを利用して成功する背景


DtoCによりアパレル業界ではビジネスの成功を収めることができています。なぜ、DtoCでビジネスを成功することができたのか内容を知りたい方もおられるでしょう。以下の3つのポイントによる成功を収めることができました。

Amazonなどのネットショッピングに普及

Amazonなどのネットショッピングの普及によるDtoCの効率が上がり成功を促進させたのが大きいです。ネットショッピングの利用率は全体で70%ほどの方が利用しており、今では店舗で商品を購入する人より、ネットショッピングで商品を購入する人が増えています。

ネットショッピングの普及率が増えたことにより、AmazonなどのECサイトで商品を販売するなら、多くの人に商品を見てもらう機会が多くなり、しかもターゲットを絞って製品販売を行うことができます。ネットショッピング普及によって多くの人に製品を見てもらう機会が増えました。

クラウドサービスの普及によりECサイト構築がしやすくなった

クラウドサービスの普及でECサイトが構築しやすくなり、気軽にネット販売が行えるようになったのも成功ポイントです。今ではホームページの作成やデザインなど自社専用のECサイトの構築はクラウドサービスに依頼することで簡単に構築できます。

自社専用のECサイトができれば、商品に興味のあるユーザーがサイトに訪れやすくなり、集客を効率よく行うことができます。今ではSNSで自社サイトの紹介も行えるので、顧客に自社の商品紹介とサイトの興味を抱かせ閲覧の誘導を行うことも可能です。結果として、商品の販売が行いやすくなり、売上増加にもつながります。

コロナ渦による店舗販売の不要

コロナ渦により店舗販売は不要になったのも成功の一因です。コロナ渦により多くの人は外出することが減り、自宅で過ごす時間が多くなりました。自宅で過ごす中でいろいろな商品の購入やサービスはインターネットを利用するようになりました。

そのためネット通販の利用も増加し、消費者は食材や日用品など多くの商品をネット通販を介して購入するようになりました。アパレルブランドもネット通販の利用者が増えたので、店舗販売よりもネット販売の利益が結果的に増えました。

アパレル業界でDtoCの基礎を築いたブランド

DtoCの基礎を築いたとされるブランドがあります。どんなブランドがDtoCの先駆けとなったのか知っておくことは大事です。以下の2つのブランドを紹介します。

Warby Parker

WarbyParkerは4ECサイトを構築してSNSでシェア促進を行うことで成功しました。ECサイトを構築した後は、質問の用意や無料体験の仕組みを構築し、利用者側の意見を取り入れることで、より質の良いメガネを紹介するサービスを作りました。

元々は4人の学生が立ち上げたメガネブランドでしたが、ECサイトでサービス提供することで開業して5年でAppleやGoogleを抑えて最もイノベーティブな会社と選ばれるほどになりました。

Bonobos

Bonobosは2007年に創業して、オンライン上での接客を可能にして売上を伸ばすことに成功しました。創業当時はチノパンとメンズパンツの扱いのみでしたが、カスタマーサービスに力を入れて顧客の意見を取り入れて状況に合わせた判断でニーズに応えるようにしました。

そのオンラインでの接客により、サイト公開して半年で450万円の売上を得ることに成功し、今ではアメリカを代表するアパレルブランドになりました。ブランディングによって今でも利益を上げているブランドです。

ネットから成功して店舗進出したブランドも


ネットから商品の販売を行って成功したブランドもあります。海外ではROCKETS OF AWESOMEは子供服を販売するスタートアップ企業として始めました。サブスクリプションを導入して顧客情報を活用させることでDtoCを成功させました。

国内ではコヒナという身長150cm前後の女性をターゲットにしたアパレルブランドがネット販売から売上を得ています。Instagramなどを活用してフォロワーとのコミニュケーションを図りながら、商品開発を行なっているようです。先ほど紹介したブランドもそうですがネット販売から始めて売上を伸ばして成功した企業はたくさんあります。

DtoCで飛躍しているアパレルブランド


DtoCによってブランドとして飛躍したアパレルブランドもあります。どのようなブランドが飛躍を遂げたのか内容を紹介しましょう。

Everlane

EverlaneはECサイト構築で原価だけでなく構成要素も全て公開して飛躍を遂げました。アパレル業界では原価率の公開はタブー化されてきました。

しかし、Everlaneは顧客に透明性を重視して、Everlaneは材料費や関税、輸送費などの内訳から製造工場の詳細まで全てECサイト上で見られるようにしました。この仕組みが功を奏して、ブランドアイデンティティを認知させることができ、アパレルブランドとして飛躍するきっかけになりました。

CUYANA

CUYANAは消費者に意思のある買い物を促すことをモットーにしてこだわりを貫いたことで飛躍を遂げました。販売する商品は高品質で誰もが使いやすいデザインとしています。

特に、生産する素材は同一国による現地生産に徹底的なこだわりを見せており、職人も南米の同一国から雇用しています。これらの徹底したこだわりをECサイト上でも紹介して、消費者側に内容を伝えることで賛同を得ることができ、飛躍につながったと言えます。

AIIbirds

AIIbirdsはウールを使用した環境に優しいスニーカーをアピールして飛躍を遂げました。AIIbirdsで使用されているウールはニュージーランド産のメリノウールであり、独特の質感で心地よいスニーカー作りを実現しています。

この製品情報をECサイトで宣伝することで、顧客の興味を引かせることができ、売上をアップさせることができました。環境に優しいという部分も顧客からの賛同を得ることができたようです。

まとめ


DtoCの活用により多くのアパレルブランドは、売上アップや知名度アップなどの成功を収めています。アパレルブランドとして成功したいならECサイトを構築してDtoCを行うことがよ効果的で効率性があると言えます。

今回紹介したアパレルブランドの成功はほんの一部であり、まだ他にもDtoCにより成功を収めたブランドは数多くあります。ぜひDtoCの活用を考えてみてください。

通販CRMラボ監修 お役立ち資料無料ダウンロード!

通販CRMラボ監修お役立ち資料無料ダウンロード!

累計導入者数650社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。

“うちでのこづち”ではじまる
新たな顧客接点

トップへ戻るボタン画像