ランディングページとは何?意味やメリットを紹介

INDEX

ランディングページ(LP)とは何か


ランディングページ(LP)は商品やサービスの販売促進に利用可能な広告専用のページです。
短期的にアクセスが集中するページとして活用することができ「ランディングページ商品やサービスをPRするためのマーケティング広告として活用することが可能です。
基本的にランディングページはすぐにサービスや商品の内容がわかるようになっています。「ランディングページの主な役割はサービスや商品を購入を促進する」ページになります。そのため、SEOをすることで検索結果にページを上位表示することが可能となります。

広義のランディングページ

広義のランディングページは商品やサービスの説明や紹介ページとなります。着地したページと言う意味で、初めに訪れるページとなります。
最も集客に向けたページなので、わかりやすく商品やサービスについて明記されています。Webマーケティングにおいて大きの企業がランディングページを活用して新商品などをPRしています。
ランディングページを
効果的に利用するためにも、広義、狭義を別けて認識しておきましょう。

狭義のランディングページ

狭義のランディングページは、訪問者に購入などを促進するページで、縦長いページとなります。商品のメリットやサービスの特徴などを簡潔にまとめるページとなりそのまま購入へ導入することが可能なページです。

ランディングページ(LP)の特徴


検索した人に向けて広告を出すことが一番の目的になります。この事によってサービスや商品を購入する人の数を増やすことが出来るのです。一般のページと異なる点はアクセスが一番集中すべきページであり、また利用者が検索した時にクリックされやすいページになります。
ランディングページを使用するにあたり特徴を十分に認識して起きましょう。
検索した際にクリックされるようなページや、目を引くようなデザイン、タイトルや見出し文字数などに配慮して制作しましょう。文字数は多すぎず、少な過ぎず、またフォントは大きめで目を引くような簡単なデザインが好まれます。

縦に長いレイアウト

ランディングページは縦長いレイアウトとなり「商品やサービス」について明記する他にスマホにも対応するようなページが好ましいです。
その他のページと異なる点は最もSEOが出来ているページということになり、またランディングページはアクセスが集中すべきページなので、各種のサービス、商品の説明が出来ているページになり、最も簡潔に利用者に伝えることが出来るページとなります。

ランディングページの特徴を上げると、まず少ないページで構成されていること、.縦長のレイアウトになり、利用者はスマホでも簡単にフリックして情報を確認することが出来るようになっています。
また無駄なリンクや他のページへのリンクを設けていないのも特徴的です。更にデザインも様々ですがどちらかというと情報をメインとしているので見やすくシンプルなランディングページが多いです。
ランディングページの構成はその多くがページの離脱者が少ないように次のページへのリンクも少なく、そのページから購入や質問のアドレスのみの表記となっていて購買に促しやすくなっています。

他のページにアクセスするリンクが少ない

ランディングページはアクセスするリンクが少なく、シンプルな構造となっています。
その他のサービスから誘導可能なページとしてSNS等を利用して拡散し、広告としても十分な効果を持っているページなのです。各種のビジネスにおいてもっとも重要なページになりランディングページ(LP)は、「商品の質問、対応、販売、お問い合わせ等」が可能なページとなります。

デザイン性の自由度が高い

ランディンページを設けることで、各商売やビジネスの売上げアップに繋がります。デザインも比較的自由にラフな感じでも集客に繋がりますので、デザインの自由度が高いページとなります。
ネット社会の今においてこれはどのビジネスにおいても非常に大切なポイントと言えます。客の収集はネットを利用して誰でも行うことが出来ますがその前にランディングページを用意する必要があります。売上を上げる効果もあるので、各企業もランディングページを持ち、各商品のアピールなどもしています。

ページ内の情報の範囲が限定的

ランディンページを設けることで「各商売やビジネスの売上げアップ」に繋がりますが、ページ内の情報の範囲が限定的で、あまり多くの情報を載せすぎないのもポイントです。単刀直入な説明が必要となります。
ページの情報もまとめて、ポイントやメリット特典を前に出して広告として使用するのがライディングページの特徴となります。
ネット社会の今においてこれはどのビジネスにおいても非常に大切なポイントと言えます。客の収集はネットを利用して誰でも行うことが出来ますがその前にランディングページを用意すれば売上を上げる効果もあるので、各の企業もランディングページを持ち、各商品のアピールなどもしています。

ランディングページ(LP)のメリット


ランディングページのメリットとしてまず「情報量が少なく、伝えたい情報」のみを明記している事、また、訪問者が求めている情報が確認でき、また、キャンペーンや割引に関する情報なども明記してサービスを利用したくなる効果を持っているメリットがあります。ページに辿り着いたネットユーザーに向けて、お得な割引や期間限定のクーポンなどを発行することで更に、メリットを生むことができます。

ランディングページ(LP)のメリット①|検索してから見つけやすくするために、アクセスを集めやすい

一般のページよりもSEOにかかりやすいので検索した人がすぐに、情報を見つけしアクセス数を高めるメリットがあります。

アクセスを集めて、売上UPまたは、新規の顧客を獲得するためにも、ランディングページは様々な効果に繋がります。マーケティングのためにさらなる反響を得るためには効率的な宣伝となります。アクセスを集めて、また商品やサービスが魅力的ならば爆発的な反響を得ることも可能です。

ランディングページ(LP)のメリット②|ページが軽く検索したらランディングページを見つけやすい

情報が1ページにまとまっているので、見やすい、その他のレイアウト等も少なく、誰でも簡単に検索したらランディングページを見つけやすい、もちろんそのためにはランディングページもSEOする必要があります。検索してから見つけやすくするために「ページのコンテンツも必要最低限でアクセスを集めやすい」です。そのためにはSEOをして更にはSNSなどでシェアしてランディングページを拡散していく事が重要です。
ビジネスの一環としてランディングページを利用しはじめている企業も多く、大手の電機メーカーからアパレルメーカーまでSEOをして広告を載せています。ランディングページを用意して単に取り扱っているサービスのリンクを貼り付けるだけでも十分に広告としての効果を得ることが出来るようになります。

ランディングページ(LP)のメリット③|ランディングページはSNSで拡散すると大きな宣伝効果が得られる

SNSを利用した動画マーケティングが有効な理由の一つとして、今多くの人がSNSを利用していますが、このSNSを利用して多くの人に自分たちのビジネスを宣伝することも可能です。
SNSを利用している人の数が多だけ、その注目度も非常に高く評価されています。SNSを利用している方ならば誰でもビジネスとして広告を利用することが出来るように、なりましたが広告の利用者は常に自分のビジネスをその他の友達やフォロワーにアピールすることが出来ると共に、多くのソーシャルメディアで動画機能を備えています。SNSの利用者の数が増えて、更に注目度も上がっています。
ランディングページや動画マーケティングを有効的に活用することが出来れビジネスにおいても十分な魅力を持っている機能が満載と言えます。

ランディングページ(LP)のメリット④|SNSやSEOで世界戦略も可能に

特に有名なソーシャル・ネットワーキングと言えば、Facebook・Instagram・Twitter・LINE、MY SPACE、YOUTUBE などのサービスが代表的ですがSNSを利用している方も、また利用していない方も基本的には十分な魅力のある効果を期待することが出来ます。
毎日20億人が利用しているSNS等、世界的なマーケットへサービスや商品を販売したい方には非常に魅力的なマーケティングと言えます。世界市場に参入するならばSNSは欠かせない広告ツールと言えます。ランディングページがあれば、SNSで広告を出して世界的にも商品やサービスを拡散して広めることが出来るようになります。

ランディングページ(LP)のデメリット


ランディングページのデメリットを上げるならば、乗せる情報量が少ないことはデメリットとなるかもしれません。
特に複雑な商品の機能や取り扱いなどマニュアルはランディングページには不向きです。できるだけわかりやすく購入に導入できるようなページが好ましいです。
ランディングページは常に、SEO を意識した作りでないと、検索結果に反映されないために、SEOをして、更に、コピペ判定をもらわないようにする用工夫する必要があります。検索エンジンのロボットからスパムと判定をされた際には検索表示から離れてしまいます。そのため、テキストを作成する際には、どのようにSEOをしたら良いのかを認識してテキストを作成しましょう。

ランディングページ(LP)のデメリット①|製作コストがかかる

ランディングページはマーケティング専用の特殊なページとなりますので、位置から制作する必要があります。簡単な構成からデザイン、商品の説明などを盛り込んだ制作を行う必要があるので、企業などは業務を外注することが多くその分の制作コストがかかります。

ランディングページ(LP)のデメリット②|長期的な上位表示が期待できない

ランディングページは短期的な上位表示は可能なものの、更新することもないので長期的な上位表示を行うことができないのはデメリットです。

ランディングページ(LP)のデメリット③|ファーストビューへの設定が難しい

キーワードを入力して検索した人に向けてのファーストビューのページが表示されずにサブのページが検索結果に反映されてしまうこともあります。
そのためランディングページは、金津市も検索結果に希望通り表示されるとは限らず、3,4ページで構成されている場合には、その中の1ページが検索結果に表示されたりします。

ランディングページ(LP)のよくある失敗


ランディングページを設けることで、集客や収益に有益ですが、中には失敗してしまうケースもあるようです。失敗点は以下です。

ユーザーに対してのメリットが伝えきれていない

ランディングページを設けたものの、商品やサービスの情報が明確でなく、メリットが伝えられていない場合には、購買まで導入することは難しく、時間が経つに連れてランディングページは。検索順位を下げていくことになってしまいます。そのためランディングページは爆発的な集客と魅力的な購買をそそるようなコンテンツが求められます。

更新ができない設計になってしまっている

更新ができないランディングページは検索結果の順位を下げてしまい続けることになります。そのため、短期的に商品やサービスの販売に利用するのがランディングページです。もちろんその分の集客を期待することはできますので、利用する際にはメリットはありますが、更新ができないのはデメリットの一つです。

問い合わせフォームの使い勝手が悪い

マニュアルや、商品の欠陥などのクレームなどを受け付けるページとして利用するのではなく、集客に向けたPRのためのページです。
短期的なのでアシスタントがユーザーサポートをするためのページとして利用するのは不向きです。問い合わせフォーム等は、本ページから設けるようにしましょう。

ランディングページ(LP)を効果的に利用するためには?


ランディングページの利用価値が高いのかまずはランディングページを作成して拡散して試してもらいたいところです。利用者の数が一番多いFACEBOOKでFACEBOOK広告とランディングページを同時に利用すると大きな集客が見込めるようになります。
ランディングページは作成していればFACEBOOK、TWITTE等主要のSNSページにコピーするだけで拡散の手間もかからずに、非常に魅力的なプロモーションを行うことが出来るようになります。

SNS等で流入量を上げる

ランディングページをFACEBOOKビジネスページで拡散すると数倍の集客を見込むことができるようになります。
つながりやコミュニケーションの時代と言われる現代において、ソーシャル・ネットワーキングは非常に便利なサービスを搭載しています。このソーシャル・ネットワーキングを利用していればわかるようにFACEBOOKやTWITTERなどでは、たまに広告が流れてきますが、この広告は企業だけでなく個人でも簡単に利用することが出来るようになります。個人でのビジネスももちろんランディングページを利用すると有意義です。

通常ページから移動する流れを作る

ランディングページは通常のページに移動が可能で、また通常のページからもランディングページに移動できるようにしておくのがベストです。本ページのサイトでもキャンペーンを同時に紹介するなどして集中的なマーケティングを行うことが可能です。
ほかへのページリンクが少ないのがランディングページの特徴ですが、通常ページへのリンクはマストです。

スマートフォンに対応させる

ランディングページをスマートフォンに対応するためには、縦長のデザインにするのがマストです。縦長のデザインで文字数も見やすく、わかりやすく表記すること、またランディングページの意義を発揮する必要があります。ランディングページはキャンペーンや特集等、時期的な広告に利用することができるので、スマホでも観覧しやすいようにきれいに情報を完結して公開することが望ましいです。
訪問者にわかりやすく情報を伝達する
ランディングページの特徴、伝えたい情報をまとめ、訪問者にわかりやすく情報を伝達する事が目的であり、企業やサービスの業務内容、または会社の概要など貼載せない、また、その他の細々した情報を載せないで商品やサービスへの導入のみのページというシンプルな呼応像になっています。

ランディングページはスマートフォン対応するためのコツとしてランディングページを効果的にスマホ対策するためには、見やすくすることが必須です。訪問者がホームページを知るためにはわかりやすく見やすく、面白く、または興味を引くようにランディングページを制作します。そのためい芸能人や歌手を起用する企業などもあります。
スマートフォンの利用者に向けてランディングページを利用して販売促進を行うことが可能すが、検索エンジンを利用して訪れた方にもSEO的な説明が必要です。「美容、化粧水」で検索した人がランディングページをいつけやすい様にSEOをしておく必要があります。検索したキーワードが説明文、または文章に含まれている必要があります。

ヒートマップを利用して改善しよう

ヒートマップを利用してアクセス解析をすることで反響をその場で確認することが可能となります。
ユーザーがページ上でどこをクリック下かを確認でき、人気の商品やアクセスが集中している場所を認識することができます。
その後に商品やその他のサービスも含めてアクセス数を増やし、検索上位を維持するためにもしっかりキーワード選定して、また商品やその他のサービスも含めてアクセス数を増やしていくことができます。検索上位を狙いSEOをするためのページとも言えます。その他のページよりもSEOが十分にかかっているかどうかが大きなポイントになります。

Googleアナリティクスで検索を解析

キーワードを選定するためにはWEB解析をする事が望ましいです。的確なキーワードを狙い、ランディングページを作成します。Googleアナリティクスは、GOOGLEでもメジャーなアクセス解析ツールとして知られています。Googleアナリティクスで十分なアクセス解析をしてからキーワードを決定して、ランディングページのキーワードを選択します。

まとめ


ランディングページは様々な商売、サービス、商品の販売を促進するためのページです。ビジネスとして、サービスを利用しはじめている企業も多く、ランディングページを利用してSNSで拡散、または広告を出すだけで高いリーチ効果を得ることが出来ます。取り扱っているサービスのリンクを貼り付けシェアするだけで、高いマーケティング効果を得ることができるようになり、非常に魅力的な広告としての効果を得ることが出来るようになります。ヒートマップを利用してアクセス解析をすることで反響を確認しながら、各商品ごとにランディングページを設け、SEOを意識する必要があります。ランディングページは単刀直入でわかりやすいページが好まれます。

通販CRMラボ監修 お役立ち資料無料ダウンロード!

通販CRMラボ監修お役立ち資料無料ダウンロード!

累計導入者数650社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。

“うちでのこづち”ではじまる
新たな顧客接点

トップへ戻るボタン画像