Cookie(クッキー)が使えなくなる?CRMを使った新しい広告配信を

2020/05/11

WEBの世界において重要とされている「Cookie(クッキー)」。WEBの世界は、「Cookie」を利用することにより、サイトに入力された情報などを保存しておく力があり、WEBの世界を便利にしてくれています。

しかし、近年、ユーザー情報の取得などに対して世界的に厳格になり始めており、Cookieが使えなくなる可能性もあります。そこで今回は「Cookie」を使えない場合の代替策などをご紹介します。


【Contents】

・「Cookie」とは?

・「Cookie」が使えなくなる世界

・「Cookie」が使えなくなると?ト

・CRMを使った広告配信を

・まとめ


「Cookie」とは?

「Cookie」とは、WEBサイトに訪れたユーザーが入力した情報を保存する役割があります。そのおかげでログインなどが簡単になり、利便性が向上します。

また、企業側としては「Cookie」の情報を利用して、ユーザーごとに合わせた広告配信などをしています。

「Cookie」が使えなくなる世界

今、世界では個人情報の取得について厳格化しています。そのため、「Cookie」の取得に関しても出来なくなる未来が想定されています。Apple社が提供している「safari」においても、サードパーティの「Cookie」をあらかじめブロックするように設計されています。

今後、どんどん「Cookie」が取得できなくなる未来が今迫っているのです。

「Cookie」が使えなくなると?

「Cookie」が使えなくなると、広告のリターゲティングやコンテンツの出し分け、サイト解析などができなくなります。そうなると、自社サイトに訪問してくれた方などに際アプローチをすることができなくなるため、興味を持ってくれた層に対してのアプローチができなくなります。

広告配信に対しての費用対効果も薄れてくるため、企業のマーケッターなどは大変になることでしょう。

CRMを使った広告配信を

CRMツールを使うと、顧客管理をすることができます。そのため、「Cookie」で追えなくなったユーザー情報も、自社で管理することができます。

「Cookie」を使って行なっていたユーザーへの広告の出し分けなどもCRMツールを使えば代替するすることが可能です。

また、ユーザーの商品に対しての興味関心度やLTVなどの管理も行うことができるため、「Cookie」を使うよりもより詳細にユーザー管理を行うことができます。

まとめ

「Cookie」は、徐々に厳格化に向かっています。そのため、今後ユーザーを追っていく手段を企業側は体制として整えていく必要があります。

CRMを使ってユーザー行動を管理し、適切な広告配信などをしていきましょう。

Comments are closed.

EC通販における CRMマーケティング基礎資料 プレゼント!

累計導入者数600社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。