CRMツールを広告に活用。CRMを用いた広告とは?

2020/04/24

近年、WEBを使った広告市場は飛躍的に売上を伸ばしてきました。そのため、WEB広告などを出稿する側の会社は費用対効果は悪化し、改善が必要になりました。

今や、WEB広告は広告データを分析し、効率的な運用を求められています。

そこで今回は、CRMツールを広告に活用する方法をご紹介します。


【Contents】

・CRMを用いた広告「アドレサブル広告」とは?

・CRMを用いた広告施策

・まとめ


CRMを用いた広告「アドレサブル広告」とは?

今や広告の世界では、「ネットワーク広告」や「純広告」などといったさまざまな広告が出てきました。昨今では、リアルとオンラインのデータを紐づけて広告を配信できるようにもなっています。

CRMを用いた広告は、「アドレサブル広告」とも呼ばれており、よりユーザーをターゲティングして広告配信することを指します。

今や、CRMなどで収集したユーザー行動やデータを用いて、適切な広告を配信することがより求められています。そうすることにより高い広告効果を発揮することが期待されています。

CRMを用いた広告施策

上述したように、CRMを用いた広告は広告の費用対効果を高める上で重要です。そこでCRMを用いた広告施策をご紹介します。

メールと連動した広告配信

メールの開封状況やクリック状況などを元に、広告配信を行い、費用対効果を上げることがCRMツールを使うことでできるようになります。

メールの状況などのデータと連動した手法です。

ユーザーの状況による広告の出し分け

自社顧客の状況に応じて広告を出し分けることにより、既存顧客へミスマッチな広告が出ることがないようにしたりすることが可能です。

リピート客へのフォロー広告

一定期間、反応がない顧客などに対して広告を配信することで、リピート客へのフォローアップなどへ繋がります。

まとめ

CRMのデータを用いた広告による手法は、各企業が取り組んでいる手法です。広告効果をさらに高めるために高い精度で広告配信をする必要があります。

自社の売上を広告によりさらに上のステップへ上げるためにも、CRMを用いた広告は手段の1つです。

CRMツールを用いて高い効果の広告配信を実現してみてください。

Comments are closed.

EC通販における CRMマーケティング基礎資料 プレゼント!

累計導入者数600社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。