【こづちマガジンvol.13】まだまだブルーオーシャン領域だからこそ可能性大⁉【SMS施策】のススメ

※2022年4月21日配信のメルマガと同様の内容です。

今回は携帯番号宛に届く、「重要事項かつ短文メッセージ」の印象が強いSMSを使った
『SMS施策』についてご紹介いたします。

メールやLINEのみでは7割の顧客にメッセージが届いていない

以前配信した『こづちマガジンvol.3・vol.6』にて、
「メールのみでなく、LINEやDMなど複数の施策チャネルを併用したアプローチが重要」
とご説明いたしました。

もちろん、メール施策のみを行うよりもLINEやDM施策も併用することで、
「メールを見ない・届かない顧客」にはLINEで顧客接点を作ることができ、
さらに「LINEを見ない・LINE登録していない顧客」にはDMを自宅に届けることで、
より多くの顧客(ほぼ全ての顧客)へアプローチすることができます。

このような施策は、CRMの本質である「接点・フォローを生み出せていない顧客を生み出さない」ことに繋げられているので、「CRMの最大化の実現」ができていると言えます。
しかし、『こづちマガジンvol.6』にてご説明した通り、DM施策にも懸念点があります。

〈DM施策の懸念〉

紙はがきや配送料など、1通あたりの費用が施策手段の中でも高額
→「DMに関心はあるものの、今はまだ手が出せません…」と仰る企業様の
 ほとんどがこの理由で実施を断念しています。

そこで下記に該当する企業様は「SMS施策」がお悩み解決に繋がる施策となり得ます!

・DMよりも費用を抑えて施策を実施したい
・より多くの顧客へ届けられる施策チャネルを取り入れたい

SMSとメールの比較

一般的にSMSは「重要事項・緊急性の高い内容を発信する」イメージが強いです。
その印象通り、開封率や反応を得られる確率の高さ、施策の届けやすさが秀でています。

〈SMSとメールの比較表〉

SMS施策の活用例

① 未入金督促

SMS施策導入企業様の中で、この活用法が最も多いです。

「未入金顧客に入金させることの重要性」については皆さんもご理解されているかと思います。
回収できないと、一向に利益が増えない状態になるためですね。
そのため、未入金顧客に対しては督促を行い、実粗利を上げる事が重要となってきます。
(未入金顧客対策を行わずに運用し続け、「広告へいくら投資しても利益にならない」という状態になってしまう企業様も過去存在しておりました…)

なぜ未入金督促とSMS施策が相性バッチリなのか?
それは他チャネルの場合、以下のリスク・デメリットがあるためです。

・メールでの督促だとそもそも届かない、メールが開封されない可能性が高い
・LINEでの督促だとブロックされやすく、LINEでの接点手段が完全に絶たれる
・DMで督促をすると、コストがかかりすぎる

加えてSMSは以下のメリットがあります。

・電話番号さえ情報があれば全ての顧客へ届けられる
・メールやLINEと違い、頻繁に届くものではないため気づかれやすい

② バースデーSMSや新商品紹介など販促への活用

SMSの特徴・強みとして、メールやLINEと異なり「クリエイティブに差がでない」ため、
単純なオファーで成果を生み出すことが可能です。

もちろん「休眠復活施策」へ活用するのもアリですね!

その他、未入金督促と似ていますが「支払方法変更通知」としての活用にも良いでしょう。
③ 初回購入者へのステップ配信1通目の連絡に活用

ステップ配信1通目をSMSで送ることで、「1発目のコミュニケーションを確実に見てもらう」ようにさせるアプローチ方法です。

ステップ配信は1通目が最も開封率が高い傾向にあるので、
より到達率・開封率の高いSMSを配信し、「今後〇〇様のお悩み解決に役立つ有益情報や、
メルマガ購読者限定のお得なキャンペーンをお届けしますので、是非メルマガをご覧ください」といった内容のアプローチを行うことで、以降のステップメールの開封率向上に繋げられるメリットがあります!※特定の細かいセグメントに絞った配信も可能です(未入金顧客リストのみに配信するなど、配信コスト削減も可能)。

おわりに

「SMS施策」について、いかがでしたでしょうか?
「SMSは盲点だった」と感じられている企業様も多いと思いますが、CRMにおいて、
まだブルーオーシャンな領域であることも事実です。
しかしご紹介した活用例より、大きな可能性を感じていただけたかと思います!

実施企業様もまだ多くはないので、今回の記事をご覧いただいた方がSMSを活用し、
CRMで一歩抜きん出た存在になっていただけると幸いです!

今回のこづちマガジンをお読みいただき、より詳細をお聞きになりたい場合や、
ご不明点等がある場合は、弊社カスタマーサクセス担当までお気軽に
お問合せくださいませ!

次回『こづちマガジンvol.14』は5月配信予定です。
引き続きご愛読よろしくお願いいたします。

 

通販CRMラボ監修 お役立ち資料無料ダウンロード!

通販CRMラボ監修お役立ち資料無料ダウンロード!

累計導入者数650社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。

“うちでのこづち”ではじまる
新たな顧客接点

トップへ戻るボタン画像