事例①

顧客のLTVを高めるために、顧客の購入頻度と最新購入日を把握して休眠予備軍を対象にリマインド施策を行いたい。

▶ PLAN

RFM分析から休眠層を把握

RFM分析から休眠層にになりかけている層を把握。
顧客全体の約30%が
休眠層になりかけている層だと判明。

▶ DO

アンケート調査

休眠層に行ったアンケート調査による
解約事由(※金銭面がネック)を参考にした
ワンコインキャンペーンを実施。

▶ CHECK

施策効果の確認と併せて顧客の推移状況も確認

施策効果の確認と併せて顧客の推移状況も確認。
LTVの低さが課題となったため、
転換率分析からキャンペーンと併せて
クロスセルの同時訴求を検討。

▶ ACTION

施策による購買者の平均LTVが約1.3倍に成長

金銭訴求と効果訴求を同時並行して行うことで、
施策による購買者の平均LTVが約1.3倍に成長。

事例②

定期商材の継続率、解約率を把握して解約率を軽減したい。

▶ PLAN

フロー離脱率分析を基に、 定期商材の継続率と解約率を把握。

フロー離脱率分析を基に、
定期商材の継続率と解約率を把握。
定期購入4回目以降の離脱率が課題であると判明。

▶ DO

定期購入4回目以降の購入を促すメール配信を自動化。

定期購入4回目以降の購入を促すメール配信を自動化。
転換日数分析を参考に施策期間を40日で設定。

▶ CHECK

施策効果を確認

施策効果を確認。
開封に対してのCV率が低かったため、
解約事由後にアプローチを検討。

▶ ACTION

解約事由毎にメールを自動配信。

解約事由毎にメールを自動配信。
また、アウトバウンドの実施も追加。
結果、解約率が前月比の約2割軽減。

詳細のご説明を差し上げます、お気軽にご連絡ください