2020/01/09

EC通販専用CRMツール「うちでのこづち」を提供する株式会社 E-Grant(以下イーグラント)(東京都港区 代表取締役:向 徹 )は、2020年1月より、代表取締役に北川健太郎(きたがわ・けんたろう)が就任したことをお知らせいたします。なお現代表の向も継続して代表取締役となります。
これにより、イーグラントは向徹と北川健太郎の共同代表制となります。
 

■新代表の狙い

イーグラントは「和の心」を世界に広げ「想いやり」に溢れた社会を実現するという企業理念の元、EC通販専用CRMツール「うちでのこづち」の運営や「一般社団法人日本通販CRM協会」の運営をしてまいりました。
今後、CRMをEC通販のみならず、様々な経済活動のインフラにすべく、一連の事業を管掌している当社COO北川を代表取締役とすることで、更なる経営スピード・企業価値の向上を実現するため共同代表制度へ変更いたしました。

■北川健太郎プロフィール

1984年生まれ 明治大学政治経済学部卒業後、株式会社オプトに入社。その後
イーグラントに入社し、COOとして当社一連の事業を管掌し、EC通販企業向けに自社サービスの通販専用CRMツール「うちでのこづち」の活用に基づいたLTV向上・CRMマーケティング支援を行う。数千万円~数百億円まで500社以上の支援実績を持つ。講演多数。
2015年に「一般社団法人 日本通販CRM協会」を立ち上げ、監事に就任。 今後グローバル化が進む市場において、日本式CRM(JCRM)」の普及活動を行う。

■代表取締役 北川健太郎のコメント

CRMによる想いやり社会の実現に向けて

イーグラントは皆さまのおかげで2020年に13周年を迎えました。
これもひとえにお客様、パートナー様のご支援があり、全社員が一丸となり成長してきた賜物だと思います。この場を借りて深く感謝し、心より御礼申し上げます。

当社はEC通販事業者を中心にCRM領域、いわゆる顧客と企業との関係構築を推進しLTV向上や優良顧客化支援などを行ってまいりました。
現在、日本経済を支える産業の多くが成熟市場であり、20年来GDP(国内で生み出された付加価値の総額)は変わらないどころか、減少傾向にあります。

一方で今後AIなどの新技術があらゆる産業にメスを入れ、経済を活性化させるべくデータを活用し、産業構造自体を変化させることによる発展が期待されています。
そのような状況においてCRMによる顧客と企業の良好な関係構築は、企業からの一方向のコミュニケーションではなく相互理解、相互共生が生まれどの産業においても必ず必要になると確信しています。

イーグラントは今まで培ってきたEC通販業界を中心とした日本式CRMノウハウを国内外の様々な産業インフラへと発展させ、顧客と企業の良好な関係を実現すると同時に新たな産業の創出と拡大に貢献してまいります。
それがイーグラントの掲げる「和の心」を世界に広げ「想いやり」に溢れた社会を実現することに繋がると強く信じ、今後も更なる飛躍を目指してまいります。

今後とも一層のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

■今後のイベントのご案内

今後も随時CRMに関するイベントやセミナーで登壇し、イーグラントが掲げるCRMを推進してまいります。
なお、次回セミナーなどについては、以下ホームページからご確認下さい。

https://www.uchideno-kozuchi.com/seminar_info/

Comments are closed.