ソリューション

休眠顧客掘り起こし

休眠顧客掘り起こし

休眠顧客に戻ってきてほしい

企業によっては全顧客数の50%以上を抱える休眠顧客
定義は様々ですが、過去1年以上購入がないお客様を休眠と定義することが多いでしょうか。

最近はその期間も9カ月以上購入がない、6ヶ月以上購入がないと短くなる傾向にあります。

なぜ休眠顧客になっているのか?
定期購入などで解約理由を取得していれば明確にわかりますが、
そうでないと過去の顧客における理由はわかりません。

休眠顧客の状況

このような理由によることが多い傾向にあります。

休眠顧客を復活させるためには、
商品を購入しなくなった理由を解決するためのコミュニケーションが効果的です。
高いと反応率は10%を超えることもあります。
効果・効用が感じられない理由では、どのように使うと効果が感じられやすいのか?
活用方法や効果実感面のフォロー、金銭的な理由においては、お得なプランの再提示、
在庫が余っている理由においては、使用量を促すことで感じられるメリットの訴求など
その理由に合わせたコミュニケーションが効果的となります。

また休眠化を防ぐ施策も同時に実施すると効果的です。

ただし、理由が分からない顧客も多い中で最も効果が上がりやすいコミュニケーションとしては、
金銭的なメリット、つまり顧客がいかにお得と感じてくれるのかが大きく左右します。
最近の傾向では、休眠顧客用のメニューを持つEC通販企業も多く存在します。

弊社では効果的な休眠顧客の掘り起こし施策をご提案しております。

お気軽にお問合せください。