ソリューション

顧客分析コンサルティング

顧客分析をしてみたい

顧客分析をしてみたい

自社の状況がどうなっているのか?
自社の課題がどこにあり、ボトルネックは何なのか?
ヒトでいえば健康診断にあたるものが顧客分析になります。

CRMにおける分析の中心は購買分析

既存顧客を活性化させてリピート売上・LTVを向上させるためには、
自社の現状を知るための顧客分析が欠かせません。
特に購買データを絡めた顧客分析がとても重要でEC通販に特化をした分析というものが存在します。
代表的な分析を見てみると

1.LTV分析

LTV分析

生涯顧客価値(Life Time Value )といいますが、実際には1年間の顧客の合計売上のことを指すことが多いです。
具体的には、広告媒体LTV、商品別LTV、顧客LTVなど複数のLTVを見ることにより、それぞれの効果を計ることが出来ます。
LTV分析はCRMの成果ともいえるものでとても重要な分析手法です。

2.RFM分析

最新購入日(Recency) 累計購入回数(Frequency) 累計購入金額(Monetary)をもとに顧客のモチベーションを細かく分けるて分析を行う手法です。EC通販では最も活用される分析の一つです。

3.CPM(シーピーエム)分析

CPM(シーピーエム)分析

カスタマーポートフォリオマネジメント分析(略してCPM)といい、自社顧客の育成・管理に適した分析手法となります。

4.継続率・離脱率分析

5.クロスセル・アップセル分析

顧客・商品の継続率・離脱率を計るための分析です。
実際の顧客・商品がどれだけの継続率で、離脱率はどうなっているのか?改善施策を行っていく上では、最も重要で見るべきデータとなります。

5.クロスセル・アップセル分析

クロスセル・アップセル分析

商品のクロスセル・アップセル状況を見るための分析手法です。どの商品を購入した顧客がどの商品へとアップセルしやすいのか?それは何%なのか?など顧客の買い回り・LTVを高めるための具体的な分析になります。

上記の通り、分析に何を求めるかにより行うべき購買分析が異なります。
自社にとって、効果的な分析をどう行うべきか、
その課題を解決するために、弊社は様々な企業様の分析コンサルティングを通じお客様のご支援を行っております。
お気軽にお問合せください。