SFA

2019/04/01

SFAとは、Sales Fprce Automation の略で、多くの製品を販売する営業部隊に対して営業支援をすることで営業活動を効率化するための「営業管理システム」を意味する言葉となります。SFAでは、既存顧客や見込顧客の営業活動に関連する情報を記録・管理し、過去の商談履歴や進行中案件の進捗状況、営業活動で得た重要な企業や担当者情報、アポイント管理やスケジュール管理など様々な営業支援を行うことが可能です。

よくSFAとCRMが比較されることがありますが、SFAは「営業支援システム」、CRMは「顧客管理システム」という違いがあります。SFAは、営業の支援を行い、営業ノウハウの確立や営業のスキルの底上げなど、システムを活用することで誰でも同じように営業ができる体制を作ることにメリットがあります。対してCRMは、顧客の購買目的、頻度や次回の購入見込みなどを含めた志向やニーズなどの定性情報を含めた顧客属性として管理し、その情報を分析することで顧客満足度を向上することがCRMの目的です。「SFA=営業のノウハウ化 / 営業の見える化」「CRM=顧客の満足度向上 / 顧客の見える化」という違いが大きな違いとなります。

Comments are closed.

EC通販における CRMマーケティング基礎資料 プレゼント!

累計導入者数500社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。