ROI

2019/04/01

ROIとは、Return On Investment の略で、投資した資産に対して得られた利益を表す指標のひとつです。投資対効果や投資利益率などと日本語では呼ばれる場合もあります。ROIの計算方法は、

ROI (%) = 利益 ÷ 投資額 ×100

で計算されます。
ROIが高ければ高いほど、投資効果が高いこと示す指標となります。
例えば、投資額が1000万円で、利益が2000万円の場合、ROIは200%になり投資対効果が高いと言えます。逆に、投資額が1000万円で、利益が500万円の場合、ROIは50%となり投資に対して利益が下回っています。

ROIは、投資にたいする利益で測る為、投資をしっかりと回収できているか可視化できる重要な指標となりますが、その反面、ROIは利益ベースでしか図れないデメリットがあります。ROIは短期的な利益を追求してしまいがちとなり、事業の長期的な戦略や利益で図ることが出来ません。企業にとって重要なイノベーションや改革など、中長期で考えた際に重要な活動や投資も、ROIで測ると数値が悪く出ることもあります。

EC通販では、特に広告予算に対する費用対効果を図る指標を重宝することが多く、その場合はROIではなくROASで計算することが一般的です。

Leave A Comment

EC通販における CRMマーケティング基礎資料 プレゼント!

累計導入者数450社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。