マスマーケティング

2019/04/01

マスマーケティングとは、セグメントなどを行わず、すべての消費者を対象とした、大量生産、大量プロモーション、大量販売を前提とした同じ方法で行うマーケティングのことです。

マスマーケティングは、第二次大戦後の高度経済成長期に生まれた手法です。大量生産、交通網の発達により大量流通が可能となりました。さらにテレビの普及や、テレビ、新聞、ラジオなどを活用したマスメディアが発達したことにより、消費者の購買量が増え大量の利益を生み出すことができるようになった時代背景を受けて誕生しました。

マスマーケティングで扱う商品は、家庭の食卓に並ぶような食料品や日用品などが多く、多くの消費者が生活の中で必要とするような商品が中心となります。

インターネットが普及し、一般家庭の生活水準も戦後と比べ豊かになった現代では、より一人ひとりの消費者や顧客に対して行うOne to One マーケティングが注目を集めています。

Comments are closed.

EC通販における CRMマーケティング基礎資料 プレゼント!

累計導入者数500社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。