マス広告

2019/04/01

マス広告とは、大人数の大衆や群衆に向けた広告手段を指し、新聞広告、雑誌広告、テレビCM、ラジオCMの4つの媒体を活用した広告のことを表します。Mass Advertising と英語で記載し、Mass は「集団」「集まり」「多量」などの意味が表すように大衆向けの広告という意味となります。

スマートフォンやインターネットの普及した現代でも、前述した4つの媒体がリーチできる絶対量は変わらず多く、現代でも商材に合わせ活用される代表的な広告手法となります。

マス広告には一般的に大衆向けの商材が相性が良いとされます。例えば、歯ブラシや洗剤などの日用品などが挙げられます。大衆に向けて発信されるマス広告は、性別問わず幅広い年代に対してリーチできるため、大量生産の製品と相性が良いというのが特徴のため、日用品や年代を超えてリーチしたいイベントの広告などにもよく活用されている場面を目にすることができます。

マス広告のメリットは、大衆向けに広告を配信し、圧倒的に幅広い年代やセグメントにリーチできる反面、インターネットやSNSを活用したWEB広告と比べて、マス広告による効果測定においては、WEB広告と比較すると定量的な効果を測定することが難しくなっています。単純なレスポンス率や視聴率だけで測定することが難しく、目には見えない効果を測るといった部分はどうしても正確さに欠けるというデメリットがあります。

Leave A Comment

EC通販における CRMマーケティング基礎資料 プレゼント!

累計導入者数500社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。