LINE公式アカウントで集客するには?集客におけるメリットなどを解説

LINE公式アカウントで集客するには?集客におけるメリットなどを解説

2021/03/31

LINEは、日本で1番使われているSNSです。利用率は80%を超えると言われています。現在、ECサイトやWEBサービス、店舗ビジネスをされている事業者さまなど、いろいろな事業者がLINEを使ってビジネスを展開しています。

今や一般的にはメールよりもLINEでコミュニケーションをする人が多く、メルマガなどを配信するよりもLINEで配信した方が良いという事業者が増えています。

今回は、LINE公式アカウントを利用した集客方法について解説。これからLINE公式アカウントを使ってビジネスの集客を行なっていこうと考えている方はぜひ参考にしてみてください。


【Contents】

・そもそも、LINE公式アカウントとは?

・LINE公式アカウントで集客がしやすい理由

・LINE公式アカウントで集客する方法

・ECのCRMツールなら「うちでのこづち」

・まとめ


そもそも、LINE公式アカウントとは?

LINE公式アカウントとは、LINEがビジネス用に出したチャットツールです。

LINE公式アカウントでは、ユーザーの属性によって、チャットの出しわけができる「セグメント配信」や「クーポンを送る」機能、カスタマーとチャットができる機能など、さまざまな機能が搭載されています。

集客にはもちろんのこと、アップセルや顧客のリピート率を上げるためにも使うことができます。

LINE公式アカウントで集客がしやすい理由

第一に、LINE公式アカウントが集客ツールとして使える理由は、「プッシュ通知」です。プッシュ通知は、自分の公式アカウントに入っているユーザーであれば、メッセージを全員に送ることもできます。

そのため、高い開封率を実現。見落としリスクも減らすことができます。

次に、アクティブユーザーが多いことです。上述したようにLINE公式アカウントは、今や人口の80%の利用率を誇ります。

また、基本的には1日に1度は使われているアクティブ率なので、登録だけしているというユーザーはかなり低いです。そのため、他のサービスやSNSよりもアクティブ率が高いのです。

アクティブ率が高いということはそれだけ目に触れる機会も多いということ。メッセージなどを送ったけど、見向きもされないということは、他の集客方法と比べても少ないことが予想されます。

LINE公式アカウントで集客する方法

LINE公式アカウントで集客する方法①|セグメント配信

公式アカウントに入っているユーザーに対して、セグメント配信を行いましょう。セグメント配信とは、自社のアカウントに登録しているユーザーの中でも、「年齢」や「性別」などによって配信の出しわけができる機能です。

より詳細なターゲティングを行い、配信を行うことで、高い効果を発揮することが期待できます。

LINE公式アカウントで集客する方法②|ショップカードを作れる

QRコードを読み取ることでのショップカードのようなものを作ることができます。

スタンプも押すことができるので、リピーター集客をする上で使える機能になります。スタンプがたまっているユーザーに対して、セグメント配信を行うなど、機能を組み合わせることでより高いパフォーマンスを発揮することもできるでしょう。

LINE公式アカウントで集客する方法③|広告を有利使える

LINEに認証されれば、「認証済みアカウント」というアカウントというものになります。認証済アカウントになると、LINE NEWSに対して友達追加広告を出稿することができます。

そのため、新規の集客ツールとしても利用することが可能です。

まとめ

LINE公式アカウントを上手に集客に活用することで、ビジネスの拡大に大きく貢献してくれます。CRMツールと組み合わせることにより、LINE公式アカウントの集客力も強化することが可能です。

LINE公式アカウントで上手に集客をして、CRMで顧客管理をしましょう。

Leave A Comment

You must be logged in to post a comment.

通販CRMラボ おすすめのセミナー

EC通販における CRMマーケティング基礎資料 プレゼント!

累計導入者数600社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。