「開かなければ読まれもしない。」メルマガの【開封率アップ】を徹底解析

「開かなければ読まれもしない。」メルマガの【開封率アップ】を徹底解析

2018/08/30
メルマガのコンテンツをいくら充実させたとしても、開封してもらわなければ意味がありません。開封に関連する項目別にご説明します。開封率が上がれば結果的にCV率アップにも繫がります。メルマガを送っても反応がない場合の改善方法として活用ください。


【Contents】

・開封率が低いメールの改善ポイント

1、タイトル

2、送信者名(送信元アドレス)

3、最初のメールコンテンツ


開封率が低いメールの改善ポイント

顧客とのコミュニケーション手段として、依然として主流であるメルマガですが、いくら有益な情報を提供したとしても、開封してもらわなければ意味がありません。ここでは、開封率が低くメルマガやステップメールの反応率の低さで悩まれている事業者様に向けて改善ポイントをご提供いたします。

メルマガの目的として、「読んでもらうこと」「読んでもらい商品を購入してもらうこと」など、様々ありますが、それを達成するためのアクションとして、“開封” “URLのクリック” “CV(コンバージョン)”がございます。その中でも最初に発生するアクションが開封です。
メールが開封されれば、その後のアクションの発生率にも関わってくるため、もっとも重要な要素といっても良いでしょう

それでは顧客が開封する際に、関係する要素はどのようなものがあるのでしょうか。
実際のメールの到着画面を参考に見ていきましょう。(GmailをPCで開いた場合)

書き出してみます。
1、タイトル
2、送信者名(送信元アドレス)
3、最初のメールコンテンツ

そのほかに影響するものとしては
4、配信時間
5、配信日
6、配信曜日

細分化すると上記6つの項目が開封に影響します。中でも一番影響力を占めるのが「タイトル」です。それではタイトルがどうであれば開封してもらえるのか事例をもとにみていきましょう。

1、タイトル

タイトルはメールアプリを開いた際や、バナー通知で真っ先に目に入る可能性の高い要素です。メールコンテンツとの繫がりも重要で、開いた後のアクションにも関わります。
ここでは3つのポイントをそれぞれ解説していきます。

① タイトルの冒頭は顧客の「姓」を入れる

特に新規顧客に対してメルマガを始めて送る際は、漏れなく表示するようにしましょう。メルマガが飽和状態の現代ですので、多くの消費者はメルマガに慣れています。その中で、自分の名前があったら、緊急性の高いものなのかと感じ開く場合が多いのです

顧客姓名を入れることもありますが、表示されるタイトル文字数には限界があるので、より多くの要素を入れたいのであれば、顧客姓にしましょう。
もちろん、「○○様」と敬称は忘れずに付けてくださいね。
顧客姓をパラメータにしていると意外と忘れがちです…。

② 【括弧】で協調

顧客が開くか否かは一瞬で決まります。
ほとんどの場合、メールは受信一覧でスクロールしながら目に留まったものを開きますよね。文字が羅列されている中で視点が留まる可能性が高いのが「括弧」で絞った文字列なのです。

例えば
【ポイント5倍】
「10%OFF」
などその時の最も有効的な訴求内容や、伝えたいことを入れるようにしましょう。
特に【】「」が良く使われます。

③ 30文字以内に伝えたいコンテンツを入れる

メールアプリによって表示されるタイトルの文字数は、UIやズーム度合いによって異なってきますが、一般的な文字数としては30文字までと言われています。
先述した通り、タイトルすべてが表示されるとは限りません。長くなってしまう場合でも
最も伝えたいことを30文字以内に詰め込むようにしましょう。

例:大黒様【残りわずか】10%OFFクーポンの配布は本日まで!

上記例のように顧客姓と括弧を使っての訴求を含めた状態での残り文字数で換算することをお忘れなく。

2、送信者名(送信元アドレス)

基本的に送信者名を登録しない限り、送信元メールアドレスがそのまま表示されます。
「アドレスでもショップドメインなので問題ないのではないか。」と思われるかもしれませんが、送信者名を登録したほうが断然、開封率が上がっていきます。ショップ名や企業名が有名であれば、尚更登録しましょう。

ポイントとしては、ショップ名だけでなくその部署の担当者名も合わせることで、顧客に安心感を与えることができます。注意点としては、担当者名をつどつど変えすぎないことです。安心感を与えるどころか逆効果になってしまうこともあります。

さらに、タイトルと合わせて、メールコンテンツで

「○○様のサポート担当の田中です。これから一緒に頑張っていきましょう。」

というような文言もあれば、安心から信頼へと変わっていくことでしょう。

3、最初のメールコンテンツ

タイトルでは伝えきれなかったことを記載するようにしましょう。
顧客姓をタイトルと同じように、メールコンテンツの頭に持ってくることもあるかと思います。その場合、メールを開封する前のタイトルを見るとわかりますが、タイトルと最初のメールコンテンツが表示され、顧客姓が2回表示されることとなり、少しくどい印象になります。そのため、メールコンテンツの冒頭で「○○様」と始めるのは、あまりお勧めはしません。

余談になりますが、メールを開封する前というのは、一般的な検索エンジンの検索結果の表示とほぼ同じです。メール開封させることは、検索結果からページを開いてもらうことと似ています。しかし、異なる点を挙げるとすれば、開く前の顧客の心理状態です。

検索エンジンの場合は、ある程度どのような情報が欲しいかわかった状態で、キーワードでの検索をしていますので、顧客心理的にはポジティブな行動といえます。
一方でメールは、受信一覧から新着順に表示され、不要なメルマガも含まれた状態なので、ネガティブな行動とは言わないまでも、受信一覧のスクロールスピードは速いでしょう。
そのため、不要なメルマガの中で、いかに目にとめて開封してもらうかが重要なのです。

前述した「タイトル」「送信者名(送信元アドレス)」「最初のメールコンテンツ」についてポイントを説明しましたが、すべてがすべて当てはまるとは限りません。もちろん、例外もあります。
例えば、匿名性の高い商品、個人を特定されたくない商品などは、タイトルに顧客姓や顧客姓名を入れた場合に、開封率が変わらないどころか低下する場合があるのです。
商材的に入れるべきかどうか顧客属性などを踏まえて検討しましょう。もし、検討がつかないのであれば、タイトルのABテストを行い比較検証することをお勧めいたします。

また、ショップの購入回数の多い優良顧客や、ステップメールですでに複数回送っている顧客については、信頼を得られている状態なので、顧客姓を入れるよりは、商品名やショップ名に反応する確率が高くなったというデータがあります。
このように、顧客属性によっても反応する文字やコンテンツは変わりますので、顧客分析を行い、「優良顧客」「休眠顧客」「未購入顧客」というように大枠でセグメント分けをして適したタイトル・メールコンテンツでメールを送り、開封率を上げるとともに最終的なCV率アップにも繋げていきましょう。

ここでのご紹介は以上です。そのほかに開封率に影響するものとして挙げた下記3点
4、配信時間
5、配信日
6、配信曜日
こちらについては、【通販CRMラボ】の2018年6月25日アップ
「定期縛りをなくしたら、離脱が急増!! 離脱させないメールとは?」
という記事にて少し触れていますので、お時間のあるときに見ていただければ幸いです。
具体的なポイントについては、改めて掲載していきます。
最後までご覧いただきありがとうございました。

Leave A Comment

EC通販における CRMマーケティング基礎資料 プレゼント!

累計導入者数500社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。