EC化率

2019/04/01

EC化率とは、すべての商取引のなかで電子商取引(Eコマース)の占める割合を指す言葉です。EC通販業界では、このEC化率が年々増加傾向にあり、ユーザーがECを利用して購買する傾向が年々高くなっています。

経済産業省の調査によると、BtoC-ECで5.79%(前年比0.36ポイント増)、BtoB-ECで29.6%のEC化率という調査結果が出ています。市場規模の推移図からもわかるように、EC化率が年々高くなり、市場規模もそれに比例して伸びている日本のEC業界はこれからまだまだ伸びる傾向にあると捉えられることが多いです。

>>経済産業省、電子商取引に関する市場調査の結果

Comments are closed.

EC通販における CRMマーケティング基礎資料 プレゼント!

累計導入者数500社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。