事例①

目的:定期商材のリピート率と解約率を把握改善して、解約客に対してのアプローチもしていきたい。

▶ PLAN

定期商材の継続率と解約率を把握

フロー離脱率分析を基に、
定期商材の継続率と解約率を把握。
定期購入2回目~3回目の離脱率が課題であると判明。

▶ DO

ストーリーメールを配置

2回目購入時点で
3回目の購入を促すストーリーメールを配置。
転換日数分析を参考に施策期間を30日で設定。

▶ CHECK

施策効果の確認と併せて顧客の育成状況も確認

施策効果の確認と併せて顧客の育成状況も確認。
CV率の低さと初回購入客の離脱が課題となったため、メール以外の施策訴求を検討。

▶ ACTION

ストーリー途中にDMを配信。 また、解約客にはアウトバウンドを実施。

ストーリー途中にDMを配信。
また、解約客にはアウトバウンドを実施。
結果、商品の平均継続回購入数が約2倍成長。

事例②

目的:各商品ごとの商品転換率を把握してクロスセルを実現したい。

▶ PLAN

全体売上の検証からリピート顧客の顧客単価を確認

全体売上の検証からリピート顧客の顧客単価を確認。商品ごとの一人当たりのLTVの低さから
クロスセルが機能していないことが判明。

▶ DO

各商品の購入回数ごとに転換率を確認

商品転換率分析から
各商品の購入回数ごとに転換率を確認。
回数に応じたメール配信を自動化。
各商品のクロス利用を訴求。

▶ CHECK

施策効果の確認と顧客育成状況を確認

施策効果の確認と顧客育成状況を確認。
一人当たりのLTVの伸び悩みが課題となったため、
転換日数分析によるタイミング訴求を検討。

▶ ACTION

各商品ごとにに沿ったタイミングで クロスセル施策を実施

各商品ごとにに沿ったタイミングで
クロスセル施策を実施。
結果、メール施策によるCVが前月の約3倍に成長。

LTV・リピート売上最大化ならお気軽にご相談下さい