事例①

目的:商品ごとの転換率を把握して、企業ごとにセグメントしたメールを配信したい。

▶ PLAN

商品転換率分析を基に各商品の転換率を購入回数ごとに把握。
転換タイミングに沿った訴求ができていないことが判明。

▶ DO

各商品の購入回数ごとにメール配信を自動化。
各商品のクロス利用を訴求。

▶ CHECK

施策効果の確認と顧客育成状況を確認。
CVの伸び悩みが課題となったため、転換日数分析によるタイミング訴求を検討

▶ ACTION

企業ごとに沿ったタイミングでクロスセル施策を実施。
結果、メール施策によるCVが前月の約1.5倍に成長。


LTV・リピート売上最大化ならお気軽にご相談下さい