ABC分析

2019/04/01

ABC分析とは、複数のデータを重要度に基づてい分析し管理する分析手法です。重点分析という名称で呼ばれることも多く、分析対象をA・B・Cの三種類に分類して分析する手法となります。

EC通販業界においては在庫管理などで活用されることが代表的です。複数の商品を並べ、売上を基に重要度を設定しABC分析を行うことで、在庫の充填数や取り扱い中止などを決定します。

例えば売上に着目し分析する場合、各商品の売上が全体の売上に占める割合を算出し、売り上げ金額の多い順番に対象商品を並び替えます。累積の売上割合をABC3グループに分けます。

Aグループ:累積売上の割合が 0~70% までの商品
Bグループ:累積売上の割合が 70%~90% までの商品
Cグループ:累積売上の割合が 90%~100% までの商品

上記のように分類した際に、Aグループに分類される商品が自社の売上への貢献度が高い商品としてみることができます。商品発注や販売管理において重視すべき商品群がAとランク付けされます。逆にCグループに分類される商品に関しては、大きく売上に貢献しているグループに該当しないため、管理にかける工数は少なくしてもかまわないと判断できます。もしくは、新しい商品との入れ替えを検討することも可能です。

このように、重要度別にグループを分け、重視するものとそうでないものをA・B・Cの3つのグループで捉える分析手法をABC分析といいます。

Leave A Comment

EC通販における CRMマーケティング基礎資料 プレゼント!

累計導入者数450社を超えるEC通販企業さまにCRMツール を提供している当社だからこそ得てきたCRMマーケティングの基礎を、1つの資料にまとめました。「EC通販企業に最近ご入社された方」「CRMに最近取り組み始めた企業のご担当者さま」など、抑えておきたいCRMマーケティング基礎をご紹介いたします。